国内と外資系のヘアカラー剤の種類と特色

各社メリットやデメリットがあるヘアカラーの特色

1.国内と外資系のヘアカラー特色 2.日本人と外国人の毛髪のちがいが影響

ヘアサロンによって使用されているヘアカラー剤は、異なるタイプを使用することが多いですが、

ヘアサロンによっては単品だけを使っているサロンも多いようです。

ヘアカラーは国内や海外によって使うベース色が異なります。

 

ミルボンの通常のラインアップはブラウンベースが多く、

外資系のロレアルはブラウンベースではありますが、酸化染料だけでのでピュアな色を表現します。

 

ミルボンの白髪染めは色の発色後は赤味が出てきますが、ウエラの白髪染めは赤味の発色が少ない。

アルカリカラーですとミルボン無彩色ベースも多く、日本人の髪に合わせトレンドを意識しています。

*ミルボンは直接染料で色を出している場合が多く色落ちが速い。

 

ロレアルのアリーリアは日本にくる外国人の観光客は、ピュアな*アリーリアがピッタリ。

外資系ヘアカラーは補色が少なく外国人にあっている。

国内メーカーはほとんどそうですが、日本人の髪に合わせ補色が多くミックスされています。

*国内にあるヘアカラーの中でもアリーリア(ロレアル)は補色の割合が比較的少ない。

 

アルカリ染料の中でも、ミルボンは直接染料が多く配合されています。色落ちが悪いのはその為です。

メリットとしては染めた直前は色も出てきますが・・・

ミルボン商品は、スタイリストに聞いて商品を販売する手法を取ったスタイルで、研究者がその意見を聞いて商品を作っています。

※デメリット(ミルボン)の退色が速いのは、そのためです。

 

国内の中でも直接染料が配合されず、オススメのロレアルとアリミノで色の持続性も高い。

目次

1.国内と外資系のヘアカラー特色

2.日本人と外国人の毛髪のちがいが影響


1.国内と外資系のヘアカラー特色


■補色が多く配合される国内向けカラー剤と外資系は補色が少ない

国内向けに販売されている、ミルボン、ホーユー、アリミノ、資生堂はブラウンベースに、

カラーメニューの色によって多くの補色が混ざっています。

 

日本人の髪のフェオメラニンに合わせ色の彩度をコントロールしています。

外国人の場合はフェオメラニンは少ないため、ヘアカラー剤に補色を多く混ぜる必要がありません。

 

コレストンなどはアジア向けのため、外資系にしては補色が混ざってはいますが、国内メーカーほどではありません。

アリーリアは国内にあるカラー剤の中でも補色が少ない。

 

■国内ヘアカラーと外資系ヘアカラーのメリット ・デメリット

白髪染めヘアカラーに関してはウエラコレストンが色の入りはいいですね。

白髪もしっかり入り色表現の発色が透明感があって均一でキレイです。

色ムラもなく希望の色も入り計算できる。

 

●白髪染めメリット・デメリット

「ミルボンオルディーブ」

ミルボンオルディーブの白髪染めは、ブラウンベースで赤味が強く、色味を嫌う人もいる。

色の染まりもコレストンより薄く、色の染まり具合も浅い感じがする。デメリット

発売されたミルボンのシーディルは例外で、無彩色ベースに色味をミックスしたヘアカラー。

寒色系の色が実によく表現されています。 STORY世代の人に合うグレーカラーです。メリット

「ウエラコレストン」

コレストンは色の入りは抜群に良く、色味表現も鮮やかでキレイです。

今年発売されたコレストンプラスは臭いもなく、ツヤ感が素晴らしい。メリット

●アルカリカラーのメリット・デメリット

「ミルボンオルディーブ」

年2回のシーズンに販売されるオルディーブのNEWカラーは素晴らしい。

とくに、寒色系の微妙な色が日本人にあった発色を表現します。

外資系には出せないメラニンを細かく分析した結果が表れています。メリット

色落ちが外資系よりもあって色持ちの点で劣っている。デメリット

「ウエラコレストン」

硬い髪は太い髪質にもしっかり色表現ができますが、微妙な色表現が今一歩ですね。

寒色系から の色表現など繊細な色表現などは、

オルディーブのほうが計算できる。デメリット

色がしっかり表現できる。鮮明な彩度感はコレストンは良い。メリット


2.日本人と外国人の毛髪のちがいが影響


■補色の割合が多い日本人で、補色の割合が少ない外国人

ユウメラニンとフェオメラニンのちがいが大きい。

ユウメラニンが多い日本人は黒~茶といったブラウンをコントロールする必要があります。

染料の内容成分に補色の割合を多くすることで、日本人にあった微妙な色が可能です。

外国人の場合はユウメラニンは少なく、補色でコントロールする必要がありません。

外資系とくにアリーリアの場合は、補色も少ないのでピュアに色表現ができる。

逆に補色が少ないヘアカラー剤は日本人に合いません。

そんな影響もあって色表現や褐色したあとの残る色のちがいは、

毛髪の色素や毛髪の構造などが影響しています。