シールエクステが外れる理由と対策

工業用ののりを使うと強烈(お客さまから受けが良い)人口用ののりは(美容師がらの評価が良い)

1.シールエクステをお客さまの説明の仕方 2.業者さんの誠実さが決め手になる

シールエクステのシールは業者、スタイリスト、お客さまと三者とも意見がすこし異なる。

業者はスタイリストに気を使い、スタイリストはお客さまに気を使う。

シールは外れてしまった、逆に外れない、シールも使っても一長一短あるようですね。

 

お客さまはシールエクステを外れずに、長い期間もつように希望するのが普通ですが、

問題は外す場合の粘着性が強烈に強い、工業用ののりを使う場合は大変ですよ!

お客さまが自ら外そうと思って、マニキュアの除光液などを使っても外れません。

 

スタイリストがやっても同様で強烈な粘着力は落ちないので、お客さまが外してもそう簡単には外れません。

このタイプののりはスタイリストから、評判が悪く、営業に支障きたすこともあり、

外れればお客さまも不満が爆発します。今回はこのシールエクステの「シール」を標準をあてて考えます。

 

目次

1.シールエクステをお客さまの説明の仕方

2.ボリューバランスを整えるのもカット 


1.シールエクステをお客さまの説明の仕方


■シールエクステは外れる理由

高い施術料金を支払い不満をかかえるお客さまは多いかと思いますが、

シールエクステが外れるわけは、スタイリストの技術だけではなく、シールエクステが安いタイプだからではなく、

スタイリストの説明不足と理解不足が招く結果も関係します。

 

シールエクステは一般的に3日以内に外れるのはめずらしくはありません。

要因はシールに使われている素材が関係しています。前文で書きましたように外れないタイプであれば、

工業用ののりを使うことで、外れる心配はなく最低でも1カ月間持続します。

 

シールエクステは3日が大切な期間で、この期間内に頭皮からシールが浮いたりした場合に、

1カ月間外れるかどうか確認できるからです。3日間はシールの粘着性がなく、3日間後に安定する。

この期間内にスタイリストがお客さまに髪の扱い方や、外れる理由を細かく説明します。

 

●シールエクステが外れる要因

1.夏は気温が高く外れやすく、冬の寒さも同様で外れやすく、乾燥も外れやすくなる。

2.お客さまに仕上げ時にドライヤーで、引っ張ったり、根元部位に熱を与える、ドライヤーで乱暴に乾かす。

3.3日間は重要なシールエクステが定着する期間であることを理解してもらう

4.スタイリストがシールエクステを付けるとき、シャンプーをして付けるようにする。

 

他にもありますが、この中でも大切なのは3日間様子をみて、シールと頭皮に浮きが確認出来た場合は、

ヘアサロンに相談し対応を図ることが大切です。

3日間で安定しているようであれば、1カ月間内に何本か外れても、スタイルに大きな影響はありません。

 

シールエクステは長く持たせる希望のある人は、2週間後にメンテナンスを行う必要があります。

とくに、ハイトーンカラーの場合は2週間でも、褐色もひどく落ちるので、

2週間前に使用したタイプとは異なる(退色のため)色も薄くなる。

 

そんな意味ありシールエクステは1カ月が限度として考えれられています。

10レベルの明るさであれば色も同じシールエクステでも大丈夫なようです。

 

美容師から人口用ののりのほうがなぜ良いのかは、外れる時に簡単に外れるからです。

工業用ののりはスタイリストでも容易に外れるものではありません。お客さまも外すのに痛みと苦痛を伴います。

(自分で外せばなおさらです)シールが外れにくいのは悪い側面も存在します。

 

外れやすければエクステの毛束がなくなる短所もありますが、外しやすい長所もあることを理解しましょう。

 


2.業者さんの誠実さが決め手になる


■業者さんによっては4カ月持つ、2カ月持つ、ソフトタイプとわけて販売

業者さんによってシールタイプを使うタイプはいろいろで、工業の強烈なのりを使う、

人口用と工業用ののり中間、3タイプわけてお客さまの希望で選ぶのり、1カ月前後で外れるタイプのソフトなのりです。

この中でベストはヘアサロンもお客さまの要望聞いて付ける、3タイプわけて使うタイプです。

 

外すとき痛みがあっても長く持つタイプの選択ができ、成人式の時に1日であればソフトタイプ、

メンテナンスを入れ長く保たせたい場合は2カ月持つタイプがいいでしょう。

たた、サロンによって全種類そろえているサロンなないので、現実に無理なのでサロンに電話して確認しましょう。

 

シールエクステを付ける場合は、看護師、OL、学生、夜の仕事といろいろですが、

いわゆるギャルの子も多く、担当するスタイリストの説明によって対応がちがってくるようです。

シールエクステは一見さんも多く、クレームが多いのでお客さまの細かく説明し納得して付けることが大切です。

 

こちらはおすすめするエクステ業者です。

大阪RJホームページはこちら⇒

新宿グロウホームページはこちら⇒

神戸エクステバンズこちら⇒

東京墨田区ジェンティールーはこちら⇒