美容師の肩や腰痛の改善法とストレッチ

睡眠・運動・食べ物の3種に気をつけストレッチを行う

1. 整体や矯正によって体のズレを改善する 2.ストレッチを朝と晩を継続的に行う

美容師は立ち仕事を長時間を悪い姿勢で行うことや、シャンプーをすることで背中や腰に負担がかかる他に、

遺伝的に腰が悪い体質や、体が硬いなど個々にちがうため、まずは体のどの部分に問題があるのかを、

整形外科医やマッサージ師など体の骨や筋肉に詳しい人に診てもらい、客観的に悪い部分や改善点を確認し健康な状態にする努力を行う。

 

体の悪い部分があればどの程度かが分かれば対応策を考え、仕事中に気をつけていくことで悪化しないなど改善できるからです。

例えばイスに座っていても、椅子の下にタオルなどひいて、”腰を立たせ”姿勢も良くなり腰痛なども改善でき、

座っているときでも腰を曲げたり反わせることで、腰回りの血液の循環も良くなり背中のゆがみも改善できる。

 

プライベートでも整体や矯正やマッサージなど、血流を改善し予防にもつながる、他にも温泉やストレッチを行うことで、

血流が良い時期に行うことで効果も倍増し。自律神経を刺激し睡眠も深くなり、疲れを残さない体質に変わってきます。

食べ物もバランス良い栄養を摂り、運動を適度に行うことで体質改善につながります。

 

目次

1. 整体や矯正によって体のズレを改善する

2.ストレッチを朝と晩を継続的に行う


1.整体や矯正によって体のズレを改善する


■体の姿勢の変化を画像で見て改善(整体・矯正)を行う

長い間にわたり腰を酷使する美容師は、腰が悪くない人でも加齢や骨の変形により、骨格が微妙なズレが重なり姿勢が悪くなり、

上半身の肩から腰がズレてしまい慢性化することがあるので、早めにズレに気づき治療やストレッチを行い未然に防ぐことが大切です。

ヘルニアなど若い頃からある人にとっては、美容の立ち仕事はうまく腰と付き合うことで、

 

治療や最悪の場合手術を行っても重くならないよう、体の骨格を知ることで生涯現役も可能ですが、

若い頃わかっていても無理をしてしまい、仕事を断念しないよう心がけること、体の腰や肩まで熟知する必要がある。

*整形外科「岩井整形外科」東京小岩にある ホームページはこちら→

 

病院の手術は進化しているため仕事復帰が早くできるほど進歩していますが、

重症になるとそうはいかないので早期治療を行い、現役でできるようメンテナンスが大切です。


2.ストレッチを朝と晩を継続的に行う


■体を温める温泉後にストレッチを行うことで効果が高まる

腰や肩にこりかたまった場合は、温泉などに入り体温を上昇しストレッチによって筋肉の代謝を促すことで、

血流の悪い部分のコリをほぐすことで、脂肪を燃焼しやすい体に良い影響を与え、

腰や肩の痛みを軽減し仕事をしやすい体調管理に結びつき、ポジティブ志向に変化し仕事がはかどるようになる。

 

基本ストレッチは朝と晩に2回に10分を、一日2回の回数をストレッチ運動することで、

腰や体の筋肉をほぐすことで健康な体に変化します。毎日のストレッチの他にも運動や食事バランスを考え、

自律神経を整える温泉なども平行して行うことで睡眠の質も効果も高くなる。