次世代ヘアケアの成分の改善とヘアケアシャンプー

ヘアケアを考えた頭皮と髪にあったタイプ選び

1. 悩みを解決する髪や頭皮にあったヘアケア選び 2.アフタートリートメントのホーム&サロンケア

ヘアスタイルのトレンドによるスタイリングの変化や、頭皮の抜け毛や薄毛の緩和、

頭皮のスカルケアを毎日行うには大変!!そんなめんどくさことから解消されるタイプのヘアケアを選ぶことで、

継続的に無理なく続けれらることで簡単にできるヘアケアをご紹介。

 

ホームはもちろんサロンケアにおいても適切なタイプも知ることですが、

薬剤のタイプがわからない?プロの薬剤知識や進化した次世代成分などを紹介。

 

目次

1. 悩みを解決する髪や頭皮にあったヘアケア選び

2.アフタートリートメントのホーム&サロンケア


1.悩みを解決する髪や頭皮にあったヘアケア選び


■進化系の薬剤とヒト幹幹細胞培養液や毛髪成分に効果のある成分を使う

最新美容研究のヒト幹幹細胞培養液は、減少した細胞を補填すること、細胞の活性化はターンオーバーすることで、

シワやシミくすみを減らす進化系の成分である。

 

髪質は個々にちがいがありますが、悩みの多くはボリュームがない、白髪が増えた、抜け毛・脱毛など、

ヘアスタイルの手入れしずらくなるなど対策として、活性炭素と残留アルカリの除去や、

エイジングなどが主な原因です。

 

白髪が増えたも活性酸素と残留アルカリ・エイジングケアケアする必要がある。

抜け毛・脱毛に関しては男性型脱毛症(AGA)・女性男性型脱毛症(FAGA)、老人性脱毛症、分娩後脱毛症ストレスが原因です。

 

【ヒト幹幹細胞培養液】

この成分は根本的な活性炭素によってさえぎられた治療を目的とした、線維芽細胞(コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸)の減少や、

表皮幹細胞~ターンオーバー(透明感・シミ・くすみ他)のSOD抗酸化細胞の低下を防ぐものとして次世代のスキンケアとして注目されている。

「頭皮の細胞活性化」

やさしくうるおいを残しながらサッパリ洗う成分。傷んだ髪から普通毛まで幅広く使われている成分です。

→ アミノ酸系・ベタイン系・スルホコハク酸系・PPT系

うるおいを与える成分

→プロテオグリカン・リピジュア®(ポリクオタニウムー51)・コ
メ発酵液

 

「頭皮ヘアケア」

→ フルボ酸エキス・ESPトリプル成分(EGF&FGF&KGF×シアル
酸×プラセンタエキス)・ビディオキシジル・コシロノセンダング
サエキス・ビワ葉エキス・マジョラムエキス・キャピシル®(アカ
ツメクサ花エキス・アセチルテトラペプチドー3)・国産昆布エキ
ス・ヒト幹細胞培養液・バージョンアップ®(オランダガラシ葉/
茎エキス)

「ボリュームヘアケア」

→プロテオグリカン・リピジュア®(ポリクオタニウムー51)・コ
メ発酵液

 

ケミカリングボンドウォーター シャンプー(200ml)*ホームページはこちら→


2アフタートリートメントのホーム&サロンケア


■キューティクルに18MEAとCMCによって補修を図る

毛髪に強い影響を与えるキューティクルは、傷みが緩和されることで仕上げや、毛髪のハリやツヤが改善し手入れがしやすくなる。

毛髪はキューティクルの枚数や、細胞のタンパク質によって個人差も大きいですが、

キューティクルの構造は毛表皮は親油性で水をはじき、毛皮質は水分をよく栄養をよく吸い込み、

 

毛髪にツヤ・ハリ・コシを与える。毛表皮には18MEAはキューティクルを疎水性に戻し、

CMCは毛皮質の栄養分を保湿し、18MEAは髪に滑らかさとうるおいを与える。

画像の成分はCMCが多く配合され髪の傷んだ方におすすめの商品です。

クチクラクリアピース(画像)