日本の絶世の女流画家「松本冬子」

絶世の美女で画風が女性の怖い情念を描く画風

1. 松本冬子の画風と女優に勝るとも劣らない美女 2.上村松園をほうふつさせる女流画家

大阪万博にたずさわり、紅白歌合戦のゲストとして招かれほど一部に人にはファンも多いですが、

これから彼女の画家として引っ張りだこになる機運が高まっている。

美術などに興味のある人には知られた存在ですが、まだまだ一般的な人には多くは知られていません。

 

なんといっても彼女の場合は女優をほうふつさせる美女であること、

画家としての腕も一流であることなどギャップがあり、日本で一番興味深い人であろうと思うかと!

見た目と画風が極端なのがなんともミスマッチです。

目次

1.松本冬子の画風と女優に勝るとも劣らない美女

2.上村松園をほうふつさせる女流画家


1.松本冬子の画風と女優に勝るとも劣らない美女


■画風は女性の内面の強さ怖さを表現

独特な作風が印象的な女流画家の松本冬子さんは、自身の美しさと画風のギャップが激しく、見る人を魅了する作品が多い。

ご自身もsmsやインターネットなどはやっていないせいもあり、若い人は知らない人も多い、美術や絵画好きなひとには人気も高く、

女性はもちろん男性のコアなファンも多いのが彼女ならではです。

 

VOGUE JAPANに表紙など絵になる美女のためメディアに多く出ています。

大阪万博に協力しているのでこの時期にはメディアが殺到しそう↑

*ホームページはこちら→

 

 


2.上村松園をほうふつさせる女流画家


■内面の女性の絵を画風に描写する共通点

日本を代表する女流画家で怨念や情念を描く、国立美術館を始め国内各地の有名美術館で展示されている人気です。

私生活でもけしてめぐまれたものではなく、27歳で妻帯者と子供をもうけ、

40代前後の時には年下の彼に振られショックがそのまま画風に表れている。

 

この時代女性が社会に進出するには弊害との葛藤もありますが、そのまま画風に表れている。

迫力という面では上村松園さんには松本冬子には時間が必要ですネ!

*ホームページはこちら→