お客さまが美容室を離れてしまう理由

2017.11.26

お客さん目線で考える

A.平凡な会話で失客理由に B.接客面でのお客さまとのコミニューケション

え~こんな会話内容でお客さんのご機嫌を不快に離れてしまう?
会話の中でこれからどこかに出かけるんですか(美容師)?そんなときお客さんはどこにも行かないのに、
ついうそを言ってしまいデパートで買い物などつい口を滑らせる。

他にはヘアの説明や手入れの仕方は聞きたいけども?
それ以外の日常会話はあまりしたくないなど、接客面でのコミュニケーション不足で陥ることで、
美容師の不注意によってお客さんの機嫌を失います。

1.平凡な会話で失客理由に

お客さんの中には癒やしにヘアサロンにご来店なさる人がいます。
次から次へ会話をされることでかえって疲れてしまう場合もあり。
お客さんとのコミュニケーションが不足が原因です。

プライベートなことを聞いてくる場合や、どうでもいいことを施術中に余計な神経をつかうなど、
リラックスどころの心境ではなくなりヘアが気にいっても足が遠のきます。
お客さんの様子をうかがうことが必要になってきます。

男性の美容師などの接客に対し不満をもつ人も、
仕事内容よりも細かな神経がお客さんに対して散漫になり、
ヘアスタイルなどにも影響する場合があります。女性的な「気の使い方」が大切です。

洋服や荷物などの受け渡しが雑な扱いを受ける。
接客面で雑な扱いをされると仕事も雑に感じ信頼感がおけなくなる。
一つ一つの動作にていねいな扱いをうけることで仕事も信用できる。

美容師はお客さまから信用されることで、ヘアスタイルなど任されるのであって。
技術だけにはしるのは危険なことだとわかりますね。

1.接客面でのお客さまとのコミニューケション

ヘアサロンは技術面でほうに重点をおいていますが、
実は接客面をお客さんは重要視しているのがわかりますね。
気配りができることは逆にいうとお客さんの身になって考えることが可能です。

お客さんも一歩ヘアサロン入ると受け身の立場です。
美容師が真剣にお客さまの信頼を得るには技術よりも、
接客面がお客さんが落ち着く大きな要素で、お客さんが離れてしまう理由も隠されています。

マンスリークーポン
ネット予約