成人式に失敗しない方法(髪型)

2014.12.30

成人式まで最終確認

髪型を作るうえで確認作業をやるようにして下さい。
当日のやり直しなどはできないことが多いのが成人式です。

似合う髪型を一番に考える

成人式の場合は一生に一回の記念となるもので、
失敗は許されない儀式です。

髪型が思うような髪型をしっかり認識してください。
髪質の結う髪のカタチを誤ると直しがきかないことがあります。

特に気をつけることは成人式の髪型

成人式に失敗しない方法(髪型)画像

◆理由

1.髪の細い人は逆毛をたててボリュームのある髪型を作る。

髪の細い人は編み込み・ロープ編み・ひねりなどの質感は、
タイトな”カタチ”になりやすく、髪が細いので地肌が見え、
貧弱なまとめ髪になります。

2.生っ毛のような髪はパーマをかけて準備します。

髪がつるつるした場合カタチがつかなかったり、
毛先にカールが落ちてしまうことがあります。
ピンなども止めずらいのでパーマをかけることを勧めます。

3.担当美容師と髪型を理解してもらう

当日に髪型のやり直しはまずできないことが多いです。
何人かの予約がつまっているので対応できないからです。
希望の髪型を十分に認識してもらって下さい。

4.似合うヘアセットを作る

髪型の表面やバランスが良くても、
似合ったヘアデザインでないと意味がありません。

可愛い感じの雰囲気であれば可愛い髪型を、
古風な日本的な顔立ちのひとは古典的な髪型に。

よく自分で考えてうえで美容師さんと決めてください。

成人式に失敗しない方法(髪型)

現場の美容師からのアドバイス

美容師にとっても成人式の髪型や着付けなどの責任があります。
髪型から髪飾りやメイクのチェックを入念にする必要があります。

成人式まで日数があまりないので気がかりな人は、
美容室に連絡して確認をとることをおすすめします。

流山市にある美容室ヘアサロンウェーブ
ブログで美容情報を更新しています。

マンスリークーポン
ネット予約