30代-40代のヘアスタイルを若くみえるカット

2015.02.08

見た目が大事なプレミアム世代

前髪の印象によって大きく変える”前髪”。
前髪をどうアレンジするかによって、

寂しくみえたり疲れてみえたりします。
こんな部分をテーマに考えてみます。

がんばった感をださない前髪

ヘアデザインを考えるうえでもっともインパクトを与えるのは顔回りの髪。
イメージをかえていくのは前髪感が重要です。

30代-40代が顔を出しすぎるパツン前髪は、
モード性に走りすぎ、そこでまず、30代-40代の共通の課題をクリヤすること。

課題とはコシがなくなることによるボリュームの変化です。
髪が痩せてみえ疲れがみえ始めることと、

気になりだしたグレイヘアの対策も欠かせません。
ここをすべてクリアするのには前髪をレイヤーを入れ毛先の動きを確保し、

あくまで自然にすることがポイントです。そしてシルエットのボリュームポイントの、
シルエットをあげること。ほほからからあごのシルエットがひし形がおすすめです。

白髪は輝く艶感のでるパール系がグットです。
通常のクスミ感をだす白髪染めは、ツヤの出かたが今一歩なので、

光がさしこむキラリ感がある大人ヘアカラーし、
白髪が目立たない調整が大事です。

がんばった感を感じさせなに、大人の女性らしさを演出することが鍵になってきます。

30代-40代ヘアスタイル

大人可愛い前髪が決めて

『似合わせ感は前髪にあります』大人バングの”素敵”なキーワードに!
ひと言で前髪といっても世代によって変わってきます。

20代でしたら広い幅広バングも個性的でかわいいですが、
大人世代になると微妙なバランス感覚が求められます。

今回はアラフォー世代の『素敵』がキーワード。
モデルさんの顔立ちもハッキリしたいるので、

ショートボブヘアのスタイルを、前髪を奥深く幅を広く
前髪に軽さのレイヤーで動きを、

前髪を強調した大人感覚のショートヘアです。
モデルさんの雰囲気に合わせ、

メリハリ感が髪の硬い感が若々しさを演出します。

30代-40代ショートボブ

30代-40代のヘアカラー

35才過ぎるとグレイヘアカラー(白髪染め)が必要となります。
一般的なクスミのあるタイプではなく、

明るく抜き感のある質感と透明感が映える、オシャレ染めのような髪色です。
ウエラからでているRICH(リッチ)が良いでしょう。

グレイヘアカラーとしても、ツヤ感がでるヘアカラーとしても使用できます。
30代-40代の方で明るくツヤがある、色合いを希望するにはピッタリです♪

色のレシピは12レベル➡12-95 5レベル➡5/07 1:1の割合です。画像は↓↓

明るいグレイヘアカラー画像

ナチュラルな色合いのファッションヘアカラーもございます。
色のレシピは12レベル➡88-77 5レベル➡5ベージュ 1:20%の割合です。画像は↓↓

ナチュラルヘアカラー画像

流山にある美容院のヘアサロンウェーブでは、
大人のヘアカラーも各種取り揃えています。

マンスリークーポン
ネット予約