世界のオガニック認証の日本コスメメーカー

2015.12.06

世界的に安全な食品・コスメのオーガニック

日本での無農薬・有機栽培などを表記栽培していれば、
全てオーガニックの認定とされています。

日本ではオーガニックの定められた基準はありますが、
有機JASマークがついていなくても認められます。

商品とコスメを通してオガニック認定団体をまとめてみました。

目次

1.エコサートECO CERT(フランス)

2.イチェアの有機認証ICEA(イタリア)

3.ダッチ―DUCHY ORIGINALS(イギリス)

4.まとめ


エコサート(フランス)


エコサートJAPANも存在

エコサートロゴ画像

世界NO1認証機関

エコサート(1991年 フランス)は、オーガニックコスメ認証の世界シェア75%を誇ります。
認証を継続するには年1回の検査をうけ、製品の95%がナチュラル(天然由来)であること。

地球環境を守るため厳しい基準が設けられています。

日本でも化粧品会社が何社がこちらの認証を受けています。

■ドゥオーガニックHPはこちら→

ドゥオーガニック画像

日本人の体質や馴染みやすさから、「黒大豆」「玄米」などの穀物原料を使います。
この植物からの力を最大限いかすようにバランスを整え、

肌が美しくなるよう健やかに素肌を守ります。


イタリアの有機認証ICEA(イチェア)


イタリアの有機認証ICEA(イチェア)ロゴ

オーガニック認証機関としては先駆的な存在で、イタリアで最も広く知られている認証機関です。

特徴
自然由来成分95%以上。石油由来成分、動物由来成分不使用。
遺伝子組み換えの原料不使用。原料の自然界での生分解性まで調査など。

コスメ(化粧品)などの分野にはヨーロッパで認知されています。

■国内ではミルボン「ヴェラロドラヘアカラー」が認証を受けています。

ミルボン

92%天然由来のヘアカラーが登場!
・世界で初めて認証 ICEA認証取得のヘアカラー
・植物の力からヘアカラー特有の臭いをカット
・白髪へのきれいに深く染まります
・繰り返しても損傷を迎えながら、美しく艶やかな髪に。


ダッチ―DUCHY ORIGINALS(イギリス)


ダッチ―DUCHY ORIGINALS画像

まだ、新しいオーガニック団体です。
イギリスでは国民に広く認知されています。

高級スーパーやデパートなどまだ歴史が浅い団体ですが、
露出度も高く注目を集めています。

■英国王室のチャールズ皇太子が社長として創立したブランド。
ビスケット(日美)や紅茶は、高品質で安全なものばかりです。

チャールズ皇太子は自然環境保護やオーガニック提唱者として、
「ダッチー」有機栽培や安全な食品を高級スーパーなどで販売。

ビスケット・紅茶・農産物と食品が多く国民に歴史の割に認知されています。

オーガニック「ハーブ」画像

まとめ


世界各国にオーガニックの認証はあります。
日本は農業団体と政府機関が力が強いので、

世界に誇れる団体はなかなかできないのが現状です。(有機JASマーク)
日本の場合は無農薬・有機栽培を表記栽培していればオーガニックと謳えます。

オーガニックが全ていいかというとデメリットも存在します。
安全や安心はオーガニックという点では広く認知されています。

ヘアサロンウェーブは流山にある美容室です。
定期的にブログで美容情報を発信しています。

マンスリークーポン
ネット予約