春・夏のヘアスタイルの傾向

2016.02.24

ブラントな切り味に流行のきざし

センターパートの前髪や、七三パートの分けた、
メンズでもサッカーの香川真司さんのヘアスタイルも。

ボブヘアの長さに毛先はぱっつんとした切り口が、
今年の春・夏コレクションでも話題になっています。

ヘアカラーはヤング世代ではパステル調のピンクやパープルにした、
可愛く淡い”薄い”に人気が出てきています。

大人世代のヘアカラーは明るく・ツヤ感・手触りのヘアスタイルです。

目次

1.センターパートや七三に分けた前髪ヘア

2.ブラントカット「ぶっつんカット」の切り口

3.パステルヘアカラーの”薄い”可愛いヘアカラー

4.大人世代のツヤ感と透明感のある仕上がりヘアカラー

5.まとめ


センターパートや七三に分けた前髪ヘア


春・夏コレクションヘア

2016春・夏ヘアコレクションヘア画像

ランウェイルック「バーバリー」の春・夏コレクションのヘアスタイルです。
風を切るようなさっそうとしてファッションラインが、

今年の目玉アイテムのようです。ヘアデザインもセンターパートに分けて前髪が特長で、
毛先から風に吹かれるエアリー感がポイントですネ!

2016春・夏ヘアコレクションヘアショート編画像

出展HPはこちら→

日本のヘアスタイルの流行は欧米などからの情報で流行る傾向が。
ヘアセットのギブソンタッグ→クルリンパヘアなどもそうでした。

2016はブラントでカットした部位を強調すると、
流れにのった素敵なヘアスタイルに。


ブラントカット「ぶっつんカット」の切り口


モーガンルフェイの春・夏コレクション

モーガンルフェイの春・夏コレクション画像

出展HPこちら→

フェミニンな洋服とブラントカットした切り口が、
新鮮で新しい香りがしますね!

ソギやレザーなどで軽くする質感や束感のヘアラインは、
2016年あたりから見る機会が少なくなるかも?

ブラントはサロンでの基本パターンで、
サロンでも修練課題で腕がなまったときにカット。

2016春・夏ヘアスタイル 画像

ソギを入れた感はないですね・・・
毛先がぱっつん感覚で女性らしさが感じられます。

ただ、日本人の場合あまり硬くなるとやぼったさが残るので、
一定の軽さや動きが必要です。


パステルヘアカラーの”薄い”可愛いヘアカラー


活発な動きとビビットなさが注目

薄いカフェオーレ風や紅茶風な欧米人のようなヘアカラーが、
2-3年とてもヒットしてトレンドになっています。

このムーブにならってピンクやパープルな色が出始めています。
↓↓種類も豊富でシルバー系のヘア・オルディーブシナモン「ミルボン」↓↓

オルディーブシナモン「ミルボン」画像

可愛い色の代表はやはり「ピンク」です。
ダブルヘアをしてから希望色のヘアカラーを入れます。

↓↓ブリーチしたあとの色をのせていきます↓↓

パステルヘアカラーピンク画像

この手の色は若い子や職業が限られてしまうのが残念ですね。


大人世代のツヤ感と透明感のある仕上がりヘアカラー


年令を感じさせない鮮明度がはっきりしたカラー

ツヤがあって透明感がある日本人に合う質感。
中間色のブルー・ミルキー・アッシュなどに人気が集中します。

この色彩は色持ちもよく黄色人種に相性がよく、
グレイヘアカラー(白髪)やトーンが高めのでもバランスがグット。

大人世代のツヤ感と透明感のある仕上がりヘアカラー画像

ハイライトで陰陽効果をつけてもオシャレ感がアップします。
画像はミルキーヘアカラーのダブルカラーです。

ブラウンベースの配色にハイライトも相性が良く、
画像の女性も若々しい透明感とツヤが出ています。

ショートボブ画像

まとめ


世界経済が沈滞ムードの時は、
ヘアファッションもゴージャスさよりも、

自然でどちらかというとおとなしめのヘアラインが好まれ、
ブラントカットは派手さないですが印象的なヘアデザインに。

ヘアトーンの傾向もトーンが低めの方向に向かっています。

流山市にある美容室ヘアサロンウェーブは、
美容情報を定期的に更新しています。

マンスリークーポン
ネット予約