流山おおたかの森大規模開発

2016.04.06

流山おおたかの森大規模開発目白押し

おおたかの森大規模開発の周辺の情報。
おおたかの森の駅周辺の開発状況をまとめてみました。

北口の開発やおおたかの森の新ショッピングセンターや、
大規模なホテルや劇場やマンションなど目白押しの「流山おおたかの森」。

隣接する「流山セントラルパーク」も病院・私立学校・マンション建設と発展。
今回はおおたかの森周辺の開発をブログで情報発信!

目次

1.おおたかの森駅「北口」周辺開発

2.おおたかの森新しんショッピングセンター着工決定

3.流山セントラルパーク駅周辺開発

4.まとめ


おおたかの森駅「北口」周辺開発


多目的ホールのある市複合施設、商業施設

おおたかの森「北口」の開発の権利はスターツが担当。

*シティーホテルを滞在地に予定し、その他にはシティーホテルや多目的ホールのある市複合施設、
商業施設など四棟を整備し建設を行っています。

*オリンピックのオランダ代表(卓球)の誘致を計画。(シティーホテル宿泊地)

感性予想図です商業施設のビルが多く建つ予定。

おおたかの森駅「北口」周辺開発画像

基礎工事終了ベースが出来上がりこれから本格的な工事が始まります。

おおたかの森駅「北口」周辺開発画像

 


おおたかの森新ショッピングセンター着工決定


マンション建設とショッピングモール

NTT都市開発のマンションと住友商事系のショッピングモールの予定が、
マンション大規模の住人が利用するスーパー「ヤオコー」とのうわさがあるようです。

土地も平地となっているので開発が進むのは間違いなさそうです。

おおたかの森南口 開発

貯水地の裏手あたりが建設予定です。普段は野鳥や水鳥がたくさん。

貯水地おおたかの森「南口」画像

新ショッピングセンターの平地の状態です。近くに小中一貫が見えます。(ガラス張りの建物)

着工予定地画像

流山セントラルパーク駅周辺開発


大型病院・私立学校・流山市民体育館が完成

2016の4-5月に次々に大型の公共施設などががOPENします。
東葛病院と暁星学園国際小等科と流山市民体育館(キッコーマンアリーナ)です。

キッコーマンアリーナは命名権5年で6000万円で買い取り、
企画や運営もとは東京ドームとなっていて利用者も25万人以上を予定。

観客席は2162席を備える。総事業費は約51億円。
大規模な体育館は国際的な協議場として、

東京オリンピックなどに関与するでしょう。

流山市体育館建設画像
市民総合体育館は、鉄筋コンクリート3階建て、延べ床面積1万648平方メートル。
メインアリーナはバスケットボールコート2面分
流山市体育館建設画像

まとめ


おおたかの森は東口もいまだ工事が行えていない場所もあり、
この数年で発展性のある立地であるようです。

計画の情報などありましたら追加はブログでアップします。

流山市の美容室ヘアサロンウェーブは、
流山街情報をブログで発信します。

マンスリークーポン
ネット予約