顔カタチで選ぶ似合うヘアカラーとは

2016.05.08

色で印象が変わる

ツヤやハリのあるヘアカラーが開発された商品が多いですが、
色味によって似合う似合わないがきまります。

では、似合う配色はと考えたときに顔や骨格に合う色合いをご紹介します。

目次

1.ヘアカラーで色で選ぶ意味や印象

2.まとめ


ヘアカラーで色で選ぶ意味や印象


色のイメージでみせるヘアカラー

【やせている骨格が細い人】
一般的にやせている人は暖かみのある色よりも、
収縮色・・・黒や濃い色、暗い色、寒色系の色(青、緑、紫)がよく、

収縮色は文字通り、収縮して、その物を、小さく見せます。
ヘアスタイルと体系にあった色調になります。

cll

【顔が大きい骨格がしっかりしている人】
顔や骨格が大きい人は
膨張色・・・パステルカラーのような明るい色、薄い色、暖色系の色(赤、オレンジ、ピンク、黄色など)

が似合うようです。膨張色は反対にものを、大きく見せます。
膨張色は顔の大きさや骨格をカバーします。

ヘアスタイル画像

●白で見る印象・・・

白で浮かぶ職業は看護師酸や医療関係者などは清潔をイメージしていますが、
これは心理的な観点から、白にしているようですね。

人は白によって清潔感を覚え安心するものです。

色で人の印象も変化していきます。

●ヘアカラーでみる印象・・・

最近は看護師などピンクの仕事着も見受けられます。
これは人をなごませる個性があります。

イメージとヘアカラーも無視できないものです。
顔や骨格がしっかり人はウォーム系などでやわらかく見えます。

日本人にも中間色(ピンク・ウォーム)は肌と相性もよいようです。


暖かみのあるピンクパール


日本人に合う配色

暖かみのある配色で人気のある「ミルキー」ヘアカラーは、
日本人の濃褐色のメラニンに相性がよくツヤが出るよう染まるようです。

サロンヘアカラーの定番になっているようです。
他にブルー・オレンジ・マットなどの色も相性がgood♪

下の画像はまろやかな赤味に「ミルキー」にハイライトをプラスし、
グラデションのデザインにピッタリです。

明るくフェミニンな雰囲気がでています。

グラデションヘア画像

ミルキーヘアカラーはほとんどの日本人にあうレシピですね、
肌と髪色との相性が抜群にいいんです。

ぜひサロンで美容師さんに声をかけてみて下さい。


個性と自分らしさがでるマット系


おしゃれなグリーン

流行に敏感な原宿・青山界隈の熱烈に注文が多いヘアカラー。
「グリーン」とい特異な色がおしゃれな人に向いています。

一見みた感じ暗い感じがするマットですが、
クールでしかも誰でも似合わない色ですが、はまると個性派に支持があります。

マット系ヘアカラー画像

マットは神秘的な深いあじわいのあるヘアカラーです。
髪のやわかい人はメラニンの影響から「グリーン」がよく映えて見えます。


まとめ


日本人に似合う色合いは中間色の、
ピンク・ウォーム・ブルー(明るい)などの相性がよくキレイに染まります。

色の変化によって印象が変化すること。
似合う色を参考としていただければ幸いです。

流山市美容室ヘアサロンウェーブは、
美容情報を発信しています。

マンスリークーポン
ネット予約