お客さまとの信頼感関係

2016.05.16

内容を高める仕事

お客さまのなかには個々によって美容室で叶える目的が異なります。
「癒し」「会話」「ヘアデザイン」「手入れのしやすい」など、

目的がすこしちがうこともありますが、
ヒヤリング時に美容師が望むことを察知しご提案することだと思います。

ヘアサロン画像

目次

1.手入れがしやすく新鮮なヘアデザインを提案

2.癒しを求められるかたが増えている昨今

3.生理的に合わない場合は満足して頂くのはむずかしい

4.まとめ


手入れがしやすく新鮮なヘアデザインを提案


ベースがある美容師さんには安心

プロとして大切な要素は「ヘアデザイン力」ベース(基本)力がある、
「経験」お客さまの毛髪を見て瞬時に判断する能力。

「勉強」している積極性がある新鮮なヘアをご提案ができるこの3つが必要です。
プラスアルファ流行りのメニューなど加味した提案力。

前向きに努力し続けるということになります。

ヘアスタイル画像

癒しを求められるかたが増えている昨今


安心感がもてる包容力

癒し効果のある「ヘッドスパ」が注目をあびて、
しかも需要があるのは精神的にまいっているかたが多いということ。

仕事や家庭でのストレスを軽減する場としてのサロンを利用なされている、
お客さまが信用が得られるヘアデザインの提案力と接客。

ベースには希望を叶えるだけの魅力がお客さまが求めているようです。

ヘアサロン画像

生理的に合わない場合は満足して頂くのはむずかしい


フロントや勇気をだしてスタッフを変えてもらう

異性であればホームページの問い合わせをメールや電話で、
担当美容師を変えようにしましょう。

ほとんどのサロンは「異性」の変更は料金の加算もありません。
ホームページなどで指名料の確認して、ご自分の希望にあった担当者にお願いしましょう。

ヘア施術画像

まとめ


いままで書かれたことを考慮しても満足いかない場合は、
何度か同じ担当者と施術を重ねていけば、原因も解決できると思います。

できれば同じ担当の方と3回くらい重ねると、
きっと希望のヘアスタイルが手にはいります。

流山市にあるヘアサロンウェーブは、
美容情報を発信しています。

マンスリークーポン
ネット予約