美容室のクレーム(失敗)を伝える方法

2016.07.16

クレームを伝え希望の髪型にする

美容室に行って希望の髪型になったときはショックで、
一日をネガティブな気持ちで過ごさなければいけない・・・

こんなときあきらめるかやり直すかの選択を迫られますが、
人の考え方によって分かれるところですが、
今回は「失敗から希望の髪型」にスポットあててみました。

ヘア画像

目次

1.説明不足で失敗したのか原因をはっきりする

2.履歴の施術が内容を確認

3.まとめ


説明不足で失敗したのか原因をはっきりする


美容師に伝わっていなかった

ヘアサロンにかぎらず人に伝えて叶えられる、簡単なようでむずかしいものです。
それが初めて行ったサロンではなおさらです。

確立的に希望の髪型(失敗)が思うようにならない、
美容師と施術回数が圧倒的に短いケースが多いようです。

失敗のリスクを迎える方法は「自分の髪の状態を理解する」ことです。
自分の髪の状態を理解していれば客観的に説明できるからです。

ヘア画像

Point

1.自分がしたくない嫌いな髪型を伝える

ストレートに美容師に伝わります。
好きな髪型を伝えてもいがいに伝わりません。

嫌いな髪型を伝えることでそこを起点にデザインが組み立てられます。
例パーマはとれやすいので強くかけてほしい・・・etc

2.自分と相性のよさそうな人を指名する

人間ですので相性や話しやすいなど希望の髪型が伝えるやすい人を、
指名すると失敗するリスクが減っていきます。

そのほかのスマホ画像や雑誌の切り抜きなども客観的に伝えられるのも方法です。


履歴の施術が内容を確認


いつどこでなんのメニューを施術をしたか?

履歴がもっとも失敗するリスクを迎える方法です。
ですが、この履歴は美容師が理解したうえで施術することで成功するのです。

問題はいつどこでなんのメニューをしたのかを美容師に伝えること。
髪の状態によってはカットがバラバラだったりすると髪型が思うようにならないからです。

カットが不適切ですと仕上げの状態や、パーマやカラーなどに大きく影響します。
冒頭に「自分の髪の状態を理解」することにつながるからです。

かならず美容師が理解するまで履歴施術内容を確認して下さい。

カウンセリング画像

まとめ


失敗するリスクをさけるのは予防が大切です。
予防すれば自分が嫌な髪型をされることもありませんし、
リスクも避けられ希望の髪型になる可能性が高くなるからです。

その他には自分の髪の状態や履歴を理解することで、
客観的に美容師さんに伝えられるのでさらにリスクが回避されます。

また、もしも失敗したとしても次回に修正してもらうよう心がけましょう。

流山市美容室ヘアサロンウェーブは、
ブログで美容情報を更新しています。

マンスリークーポン
ネット予約