ヘアカラーをダメージを迎える塗布法

2016.10.07

低アルカリ剤をダメージに塗布

近年ヘアカラーの質を高めるタイプの薬剤が主流になるつつ、
髪の最小限に迎えるものが多く発売されています。

ヘアカラー剤の種類も多種多様なものがあります。
色の彩度を高めたり、明度だけをあげたり、ツヤ感をだすような、

お客さまのニーズにあったものです。
その中でも今日はダメージを抑える技術とヘアカラー剤を考えてみます。

ヘアカラー画像

目次

1.アルカリ剤の量と活性炭素の関係

2.低アルカリと酸性ヘアカラー

3.低アルカリと酸性ヘアカラーダメージ度合

4.まとめ


アルカリ剤の量と活性炭素の関係


その時の状況がライトニング(明るさをアップ)は必要とはぜず、
彩度つまり色相だけの場合は低アルカリ剤を使用します。

髪の明るさライトニングに必要な物質は活性炭素の量が関係しています。
色の発色や彩度だけの場合は活性炭素の量が少なく、

アルカリの量も少なく過酸化水素の濃度をさげることによって、
髪のダメージを迎えていきます。

ヘアカラー

低アルカリと酸性ヘアカラー


低アルカリのヘアカラー剤と酸性のヘアカラーは、
アルカリ量が多ければ、低アルカリ剤に少ないと酸性ヘアカラーになります。

アルカリが少なければライトニングはなく、
酸性ヘアカラーは発色は暗くなります。

アルカリ量が少量配合されている低アルカリは、
髪の負担がすこしありダメージも少ないですがあります。

薬事法の定義でははっきりしないヘアカラーです。

白髪をはっきり染めたい場合は酸性ヘアカラー。
既存の髪に均一に染めるのは低アルカリ剤をおすすめします。

酸性ヘアカラー➝日華化学
ソフタッチ➝ウエラ

●髪の状態や白髪の状態を把握して使用します。

低アルカリヘアカラー➝

●ダメージ 中アリ
●ライトニング(明るさ) 中
●アンダートーンの修正力があり
●白髪のカバー力はあり 6-7レベルの明るい白髪染めでもOK

酸性ヘアカラー➝

●ダメージ 少ない
●ライトニング 少ない
●アンダートーンの修正力が低い
●白髪のカバー力はあり 5-6レベルの暗め白髪染めでもOK

■一剤

●染料(ベース剤・カブラー・・etc)
●コスメティック剤(コンデショング成分)髪のサラサラ感しっとり感
●クリーム基材(油分・界面活性剤・防腐剤)

■2剤過酸化水素

●安定剤
●酸化剤

ヘアカラー剤画像

まとめ


近年はアンダートーン部位には低アルカリ剤をつかうことが一般的です。
髪のダメージを迎えムラをなくすような色とムラを修正する染毛です。

髪のダメージを迎えトーンバランスを整えます。

流山市にある美容室ヘアサロンウェーブは、
ブログで美容情報を発信しています、

マンスリークーポン
ネット予約