美容師のためのサイト入門基礎編

2016.11.19

サロンの経営者やパソコンに興味のある方

美容に携わって方でホームページを作ってみたい、
または、美容室のホームページについてのいろはを知りたい方。

サイトの基礎にの用語の意味を知ることが大事です。
細かなサイト用語よりも本質が理解できればむずかしいことは必要ありません。

簡単で実用的な「美容師のためのサイト入門基礎編」をもとめてみました。

美容師のためのサイト入門基礎編画像

目次

1.サイトを多くの人にみてもらう方法 SEO
〇テキスト(文字)を多くいれる
〇万人にわかりやすく使いやすいサイト

2.まとめ


サイトを多くの人にみてもらう方法 SEO


画像よりもテキストを多く入れる

美容室のサイトはかっこいいものを作りたいと考える人が多いですが、
ついつい画像を多くしますが、文字を多くすることが大切です。

その基本となるのがSEOを理解することです。

SEO・・・一言でいうと「検索エンジン最適化を意味」。
検索でwedがより多くの人に検索し露出されることをいいます。

サイトの検索を露出するにはロボットの特性を理解すること。
一般的にサイトは画像よりもテキスト量を好みます。

例:美容室で言えば美容に関する文字やニュースなど情報力が多く、
しかも正しく表示されていれば検索ロボットに反応しやすくなります。

より情報が多く適切であって文字数が多ければ、
それだけSEO的に好まれる結果になります。

〇テキスト(文字)を多くいれる

複雑なサイトはさけるフラッシュやアニメション

より多くの人にホームページを楽しんでもらうには、
使い方が見やすく扱いやすいサイトが最適です。

企業などのニュースたとえば車の新車発表会のためのレビューなどは、
アニメションなど多様した画像で魅せる方法を用いますが、

一般的にseoには不向きで万人が見るサイトではありません。

では、わかりやすいサイトはどんな工夫が必要かというと、
画面の文字やバランスはもちろんですが、アイコンの位置やボタンなどが目に付きやすく、
操作性があるような作りがサイトには必要です。

かならずしも20代から30代のひとが利用するとは限らないからです。
40代-50台の大人世代でも抵抗なく使えるサイトが良いわけです。

フラッシュやアニメション入れることで、
サーバーの負担に耐えられず重たくなってしまい、他のサイトに飛んでしまいかねません。

見やすく軽くそしてコンテンツ(情報量)など内容が重要になります。

〇万人にわかりやすく使いやすいサイト


まとめ


美容師さんがわかりやすいサイトなどもうすこし詳しくアップしますので、
楽しみにして下さい。

マンスリークーポン
ネット予約