ウィービング・バレイヤージュ・ヘアカラーの違い

2016.11.20

色の陰陽で変化をつけるヘアカラー

ウィービング・バレイヤージュの違いをわかりやすくまとめてみました。
美容師さんでもネーミングがわかっていても、
実際に施術する方法がわからない場合があるようです。

ヘアサロンウェーブではそんなプロの方々から、
一般的な方まで初心者までわかるように説明しています。

ウィービング・バレイヤージュ・ヘアカラーの違い画像

目次

1.ウィービング

2.バレイヤージュ

3.まとめ


ウィービング


幾何学的なカットラインを活かす

ウィービングは顔を立体感に表現するビダルサッスーンのカットラインに向いています。
ファワードは縦でリバースは横にウィービングすると効果的です。

幾何学的なヘアデザインは細かく緻密にするカットラインは、
ウィービングのように毛束にハイライト効果を出すことによって、
ヘアデザインが活き幅広いスタイルを楽しめます。

反面ナイーブなヘアデザイン例えばカールや無造作な印象を求めらなら、、
バレイヤージュになります。


バレイヤージュ


面に染毛することで持続力が高い

バレイヤージュのもっとも魅力的な部分は、
コスト安で持続性が高いことにあります。

髪の面にハイライトを入れることで、
スタイリング剤などで仕上げした状態でバレイヤージュがキレイに発色します。

バレイヤージュは欧米人の女性では一般的なカラーテクニックで、
フランスやイタリアなどでよく使われる技術です。

バレイヤージュはいろいろなバリエーション豊富です。
ヘアサロンウェーブでもブログでご紹介しています。

ヘアサロンウェーブで詳細が説明➝バレイヤージュの意味と施術方法


まとめ


ハイライトとローライトをミックスしたり、
ウィービングとバレイヤージュをミックスして幅の広いテクニックです。

流山市にあるヘアサロンウェーブは、
ブログで美容情報を更新しています。

マンスリークーポン
ネット予約