ABARTHアバルト124スパイダー

2017.01.03

マニアック車好きアバルト124スパイダー

イタリア車といえば故障や塗装などの耐久性に問題アリと、
いわくつきな車として有名ですがこれは当たりはずれはありますが事実です。

費用対効果を考えればしょうがないかもしれません。
ただ、今回のNEWアバルト124スパイダーはトランスミッションから、

プラットフォームやシートは日本製を使用。
安心と信頼を増しています。

イタリアのデザイン性と日本の緻密さが重なり信頼性のました車の変化。
走りに躍動感と疾走感に満ちた走りを実現しました。

ABARTHアバルト124スパイダー画像

目次

1.「アバルト124スパイダー」と「マツダ・ロードスター」の兄弟車となる

2.アバルト124スパイダーの走り

3.まとめ


「アバルト124スパイダー」と「マツダ・ロードスター」の兄弟車となる


audiとporscheも兄弟車

プラットフォームを共有している。
エンジンはフイアットエンジンはアバルト124スパイダー。

マツダはマツダロードスターの1.5L直列4気筒DOHC16バルブを使用。

フィアット124スパイダー
■北米仕様:160馬力、最大トルク25.5kgm、6速MT&6速AT
■欧州仕様:140馬力、最大トルク24.5kgm、6速MTのみ

マツダ・ロードスター
■日本仕様:131馬力、最大トルク15.3kgm、6速MT&6速AT

フィアット124スパイダーのほうが馬力があって45キロ重く、
マツダ・ロードスターは軽やかに走りを更に高め、楽しいドライビングが期待できます。

「アバルト124スパイダー」と「マツダ・ロードスター」画像

アバルト124スパイダーの走り


ボディ剛性のアップ

「FRならではの」「足回りがしなやか」「全体的に質感が高い」など、
魅力を秘めた「アバルト124スパイダー」は「吹き抜けるパフォーマンス」が体感できる。


まとめ


イタリア車の信頼性を日本車に仰ぐとは、
ABARTHアバルト124スパイダーは考えましたね!

でもイタリア車の情熱は室内のインテリアに生かされてgoodです。
オープン好きな私(美容師)にとっても剛速球です。

ぜひマニア好きな方好きな方にはおすすめです。

ABARTHアバルト124スパイダー画像
マンスリークーポン
ネット予約