白髪染めを明るくするティントコントローラー

2017.05.05

暗くなった染料だけを明るくする脱染め剤

ヘアカラーの明度の修正方法としてブリーチ剤が一般的ですが、
髪の内部であるメラニン色素を破壊しダメージを負うことで染まりが悪くなります。

そんな中メラニン色素を修正するライトナーや、白髪染めで暗くなりすぎた毛髪にを明るくするティントコントローラーなどが、よく使われるようになりました。

白髪染めを明るくするティントコントローラ

 

目次

1.ホーユーレセティントコントローラ

2.ブリーチとティントコントローラのちがい

3.ウエラの幅の広さ


ホーユーレセティントコントローラ


髪への負担がアルカリより軽く・確認しやすいスピード・脱染め(染料)

アルカリカラーが黒すぎたケースや、白髪染めが暗くなりすぎて、明るく対処したい時は「ティントコントローラ」を使用します。ホーユーのテイント剤は脱染めをすることをが目的です。

一般的に美容室やセルフカラーなどで暗くなりすぎた場合は、
日数をおかないで明るくなることを待つことが多いですが、

こちらの商品であればメラニン色素の脱色作用が穏やかに、
脱染めが行われアルカリカラーよりも髪のダメージを迎えます。

過酸化水素も2%と低アルカリ剤を使用します。
脱染めスピードも急激な上がり変化も少なくミスがないよう設計されているようです。

脱染め後に希望の色をのせていきます。


ブリーチとティントコントローラのちがい


脱色剤・脱染剤がブリーチ剤です

ホーユーには脱色・脱染剤には「POWDER BLEACH」があります。
「TINT CONTROLLER」とはちがい2剤は6.0%を使用して施術を行います。

ティントコントローラーとはちがい脱色効果もあり髪への負担があります。
施術時間や薬剤の量などに注意する必要があります。

ホーユーな日本製らしく細かな施術の仕方をホームページサイトに掲載されています。
髪の長さなど細かな説明などが記載されています。

他のメーカーではウエラなどは過酸化水素6%が約2倍となっていますが、。
会社によって使い方や内容成分など異なるので、使い分けによって幅の広いヘアカラー施術が可能です。

ウエラブリーチクリームウエラブリーチクリーム

 

 

 


まとめ


さまざまなお客さまのご要望を応えるためにも、ティントコントローラーなどの特殊な補修剤をつかいこなすことが必要です。結果的に売上にも貢献します。

 

 

マンスリークーポン
ネット予約