スキャルプヘアケア 抜け毛・脱毛の関係

2017.07.17

脱毛の種類はタイプ別

A.男性が多い抜け毛パターン壮年性脱毛症 B.皮膚疾患による脱毛症 c.女性に多いホルモン異常びまん性脱毛症
脱毛には生理的な自然脱毛と、皮膚などによる異常脱毛があります。
問題が多いには異常脱毛には、壮年性脱毛症・びまん性脱毛症・円形脱毛症・脂漏性脱毛症・粃糠性脱毛症です。
また、脱毛にも症状があり円形脱毛症に多く、単発型、多発型、蛇行型、全頭型、汎発型、
などがあります。

スキャルプヘアケア 抜け毛・脱毛の関係

(自然脱毛)
1.毎日多い人で100本くらいの抜け毛があります。
「お風呂場で抜け毛が気になる」
お風呂場でごっそり抜け毛が出て心配だとよく耳にしますが、毛穴には3本の毛髪が生えてきて、新生期・成長期・休止期の周期で成り立ちます。休止期の髪が抜け落ちます。
100本抜け落ちても新しい毛髪が準備していますので、心配することはありません。

2.ホルモン異常とアトピー素因
「産後・アトピー性の皮膚疾患による脱毛症」
ホルモン異常やアトピー性(アトピー性皮膚炎、気管支炎、アレルギー性鼻炎)因子を持った方。
女性のホルモン以上で多い産後後の、抜け毛や脱毛はヘアサイクルがホルモンバランスがくずれ、
毛髪の3本の新生期・成長期・休止期の毛髪が抜け落ちます。
通常は休止期の毛髪だけが抜けてきますが、成長期や新生期の毛髪まで切れ毛や脱毛を起こします。
外部からの刺激物が反応して円形脱毛症にアトピーが多いとされています。(約40%の統計)

3.次的なことが原因で状態を悪くする脱毛症
「遺伝性や食生活に多い男性に多い壮年性脱毛症」
生え際やつむじ周辺などの毛髪が薄くなります。食生活などで過剰な皮脂によって毛穴を防ぎ、毛穴や毛包などがなくなります。血液の循環が悪くなるので切れ毛や毛髪が少なくなります。
遺伝性や食生活に多い男性に多い脱毛症

マンスリークーポン
ネット予約