紫外線を防ぐ徹底マニュアル

2017.07.19

紫外線によって肌老化を防ぐ

A.紫外線防止に効果的な化粧とは B.SPFって何? c.日焼けのあとの処置

紫外線を防ぐには、日焼け止めクリームや美白タイプ紫外線帽子効果のファンデーションを塗り、さらにフェイスパウダーで物理的に紫外線を拡散させれば効果的。ただ、にきびがでやすい人や化粧崩れをしやすい人は、ニキビを繁殖させ、ファンデーションやパウダーは逆効果です。毛穴をつまらせニキビのアクネ菌を増やす原因になったり、紫外線が入ってきてむら焼けするからです。

紫外線を防ぐ徹底マニュアル
1.紫外線防止に効果的な化粧とは
「適切な処置を選び紫外線を防止」
日焼け止めには、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤を含んだものがありますが、後者のほうが肌への負担が少なくかぶれの心配が少ないようです。美白効果のある化粧品を使用し、肌にうるおいを与えることができ、新陳代謝を活発にメラニン色素を排出することができます。

2.SPFって何?
「紫外線の種類」
紫外線のなかの光線は肌や毛髪に照射されることで悪影響を与えます。(ダメージには脱色・ダメージ・日焼け等)
紫外線はしみ、たるみ、シワ、そばかす。それだけではなく肌を乾燥させ、ごわつきとか硬い皮膚の感触になってきます。また、肌の内部にある(真皮)にある肌の源である弾力を保つコラーゲンやエラスチンといった繊維を破壊します。
近い将来、たるみや深いしわになります。
美しい肌のままでいたいのなら、紫外線をカットすることが大切です。

 

3.日焼けのあとの処置
「クールパック(冷やす)が効果的」
日焼けは「軽度のやけど」ですから、とにかく氷や保冷剤で冷やして熱をとばし温度を下げほてりを取ります。タオルで保冷剤を包み込みパックし、温度が上ったら新しいものを交換し何度もくり返すようにします。また、炎症がおさまったら何もつけないことです。刺激物がかえって肌にこもらせてしまうので絶対NGです。
紫外線を防ぐ徹底マニュアル

マンスリークーポン
ネット予約