美容師にヘアスタイルを気持ちよく伝える方法

2017.10.01

ポジュテェブに伝えられる人であればいいですが

A. 画像や切り抜きでは伝わらないことがある B.嫌いなヘアスタイルを伝える

希望のヘアスタイルを伝たわらず嫌な思いをしないようにするには、
ヘアスタイルの仕上がりを理解しても希望のヘアスタイルにならない。

そんな思いを経験した人も多いと思いますが、
それには理由があります美容師目線で「ヘアスタイルを伝える方法」を考えてみます。

 

1.サイト画像や切り抜きでは伝わらないことがある

理由は簡単です髪質のサイト画像や切り抜き画像が合わない場合です。

例:として赤メラニンの人はグレーアッシュの色味を作るのはムリがあり、
黄メラニンであれば鮮やかに色味表現が可能です。

パーマヘアスタイルでも髪質や髪の状態に大きく左右され、
ヘアスタイル画像と雑誌やインターネットでみるヘアスタイルでは大きく左右されます。

縮毛矯正やヘアカラーを繰り返ししている髪質と、
ダメージが大きい場合は切り抜きやインターネットのヘアが画像には仕上がりません。

毛髪診断や髪の状態をみて適切な処置が原因で、
希望のヘアスタイルに再現することができないわけです。

では、次に本題の「美容師にヘアスタイルを気持ちよく伝える方法」を考えましょう。

 

1.嫌いなヘアスタイルを伝える

ヘアスタイルを希望通リに仕上がらない場合よりも、

失敗したような嫌いなヘアスタイルにならない方法を考えましょう。
ヘアカラーであれば嫌いな色彩や、パーマであればカールかウェーブの強弱を、
美容師に伝えることが大切です。

ヘアスタイルに対しては大きなポイントを美容師にさんに伝え、
細かいな前髪や好きなシルエットを伝えます。
パーマもヘアカラーも嫌いなヘアスタイルを伝えてことで、

60%~70%はヘアスタイルが完成し少なくても失敗することはなく、
お客さんが満足できるレベルに仕上がります。
30%~40%は仕上り感や長さなどの微調整を整えることで希望のヘアです。

美容師にヘアスタイルを気持ちよく伝える方法は嫌いなヘアスタイルにならないことが大切です。
あとのは細かな部分を打ち合わせをしてヘアスタイルを伝えましょう。

 

マンスリークーポン
ネット予約