傷んだ髪質や髪質はヘアケアで変化するのか

2017.12.21

細胞は変わりませんが髪質は変化する

A.脂質や乾燥の毛質は改善できる

髪質のダメージや髪質は変化できるのか?一般の人は変化はできないと考えがちですが?
人間は根本的な細胞は変化しませんが、表面に出てくる髪質を乾燥毛~保湿性の毛髪に変え、
髪のなじみやすさや、手入れのしやすい毛髪は可能です。

毛髪改善するための原因が分れば対応は可能です。髪質別に考えてみましょう。

1.細胞は変わりませんが髪質を良い状態することは可能です

●クセ毛や軟毛は防ぐヘアケアは可能

クセ毛や軟毛は毛穴など毛球部分の血液循環に左右されています。
毛根や毛穴にシリコンや汚れを取り除くことで、クセ毛や軟毛など毛髪のおさまり感を改善し、
ボリューム感をだしヘアスタイリングがしやすくします。

おすすめのヘアケア剤はパミロールシリーズです。
50年近くの歴史とこの分野ではリーダー的なヘアケアです。
芸能人や経済界の奥さまに支持があり、メディアでも広く紹介されています。

シャンプーからトリートメントからクセ毛や軟毛に効果が高い、
パミロールのローションが一押しのヘアケアです。
シャンプーやトリートメントは2000円~3000円前後から、

ローションも1800円から効果の高いパミロールクレイセル10000円まで。
使用したその日から効果もわかる優れた商品です。

●瘦せた毛髪を健康毛は可能か

瘦せた原因をつきとめることが最重要課題ですね。
ホット系パーマかハイトーンヘアカラーか続けてパーマやヘアカラーを繰り返しが原因か、
加齢による瘦せてのかによって改善方法から対応します。

ダメージが原因をさぐることから始めます。ホット系パーマの縮毛矯正かヘアカラー・・etc
ヘアカラーやパーマの施術回数を減らすことで改善できれば減らし、
キューティクルなどの修復をはかりつつ栄養分を保湿力を補います。

加齢が原因であれば頭皮のヘアケアを行います。
加齢は毛根部分の下の真皮の新陳代謝の活力である血液や栄養がいかなくなって、
毛穴から新生毛が曲がってクセ毛状態に、瘦せた毛髪が生えてきてきます。

傷んだキューティクルがはがれ毛皮質内から流出した場合は、
キューティクルとコラーゲンのアミノ酸タンパク質を補給させます。
ヘアケア商品はアミノ酸系のシャンプーでアルカリ寄りによってPHを弱酸性に戻します。

加齢が原因であれば頭皮のヘアケアにあったシャンプーとトリートメントを使用し、
毛穴にはスキャルピングローションを使い、栄養を送り毛髪に活力を与えます。

●毛髪から白い粉のようなフケが出る場合は

頭皮が荒れた皮膚異常が表れていることが多い。
処置としては頭皮刺激が弱めのアミノ酸系でも刺激のないタイプを使い、
頭皮を刺激しないようにしスキャルプローションなどでヘアケアを行います。

サンコールのR21は地肌のヘアケアのローションです。

 

 

 

 

 

マンスリークーポン
ネット予約