千葉県温泉や日帰り温泉の楽しみ

2017.12.20

個性が異なる日帰り温泉をご紹介

A.自然な大海原と自然光が美しい2店舗を紹介

お風呂の種類があって工夫している温泉施設があり、高炭酸風呂・薬草スチーム・バイブ風呂・岩盤浴・サウナなど他店との差別化を図っています。

自然一体化型や量感型や施設充実型や地域密着型などがあります。

1.施設や食事に工夫している

●漁協直営食堂「ばんや」

海沿いから近い富津にある「ばんや」は、海の大海原が温泉施設から漁師さんの新鮮な魚介類の定食が食べられる。

関東近郊でも目の前に海を見れ湯船につかれるのはこのばんやさんがおすすめです。

遊べる日帰り温泉は費用を1800円払って地引き網を見学できる。お魚も食べられる見て・楽しみ・食べるとそろっている。

富津は君津インター付近から降りて、国道沿いの保田の海岸沿いにありま。夏は海水浴のあと冬は海の大海原を見ながらいやされます。お風呂は海が目の前なので他にはなにもいりません。

●君津にある自然光が素晴らしい「君津の湯」

設備が自慢の日帰り温泉ですが、館内の日差しがお風呂場に全体に照らし、お風呂場の印象を引き上げてています。自然光はお風呂場全体に照らされるとこんな気持ちのよいものだと実感します。

スチーム(薬草)・高炭酸風呂・ジャクージ・サウナと価格が590円とリーズナブルです。

食事も特別は平均点ですが館内は食堂も清潔です。

マンスリークーポン
ネット予約