ハイライトとベースヘアカラー塗り分け

2018.01.10

色の彩度との組み合わせやハイライトの種類を選択

1.色の系統を組み合わせて効果的に入れる

ベースカラーを効果的にハイライトを表現するには、
色の組み合わせが寒色系と暖色系の色の選択を決める必要があります。
ハイライトの種類もスライスやチップなどヘアデザインによって使いこなします。

1.色の系統を組み合わせて効果的に入れる

暖色系と暖色系や寒色系と寒色系のミックスは、
ベースヘアカラーとハイライトヘアカラーは色が目立たないようです。
これは明度でもいえることでハイライト&ローライトも同様で、

同系色の彩度や明度のちがいがあっても色がなじんでしまいます。
イエローと明るめのブラウンや、だいだい色と赤色を組み合わせたレシピなどがそうです。
相性が良いのはブラウンベースにレッド系のローライトやハイライトなど、

ブルーベースにベージュ系に赤味を多く入れた配合など、
ベース色に中間色をハイライト&ローライトや、暖色系と寒色系を対比した配合が、
ベースとハイライト&ローライトの配色が相性がマッチします。

●ハイライト&ローライトの使いかた

ハイライト部分は5mmで間隔は1cmのスライスがハイライトの一般的な技術。
日本人の場合は黒髪がベースで、欧米人とはちがいチップで目立たない。
ハイライト&ローライトはスライスが一般的な技術です。

ローライトの場合は色のレベルダウンが強烈な明度差には気をつけましょう。
ベース明度が日本人の場合はリフトアップによって上げているので、
肌と色(ローライト)の相性の問題があるので注意が必要です。

欧米人は自然な色合いが透明感のある色のために、
ローライトをしても明度が日本人のように黒くなりません、
そのためベースカラーのトーンを見ながらバランスを整えましょう。

※トーンとは明るさや鮮やかさを合わせて意味で使います。レベルは一般的に明度で、彩度は鮮やかさを意味し、合わせてトーンの意味合いを持ちます。

 

 

マンスリークーポン
ネット予約