下肢静脈瘤と美容師の関係

2018.01.29

足の血管にこぶができる血管の病気

1.早めに専門医に受診する 2.遺伝性の理由だけではない美容師の職業病です

立ち仕事を行う人の多くて4割くらいは下肢静脈瘤の症状があるようです。
中には症状が軽い人が大半なので日常生活に問題はありませんが、
1割の人は手術や治療が必要です。

原因
立ち仕事である理美容師、看護師、妊婦などの他には遺伝性が理由です。

1.早めに専門医に受診する

サロンのスタッフの中に下肢静脈瘤の症状が、
やはりお客さまが続き長時間にわたり立ち仕事が続き、血管が逆流などの症状が出始め悪化。
定期的に座ったり休めば血管に問題がないのですが・・・

症状を緩和するには足の血管の血流を良くする。
医療用のストッキングを履き仕事を行ことで予防。
悪化を防ぎ手術など最悪の状態はまぬがれるようです。

推奨する医療機関
1.両国あしのクリニックホームページはこちら→
日帰り保険適用のストリッピング手術を日本で初めて導入。
レーザー治療や手術も早く取り入れた医療機関です。
サロンのスタッフとお客さまもこちらで手術。

錦糸町と両国のちょうど真ん中付近にある病院です。
先生方も専門で手術を担当してくれるので安心です。メディアで紹介されています。

1.お茶の水血管外科クリニックホームページはこちら→

2.遺伝性だけが理由ではない美容師の職業病です

下半身の弁機能が壊れてしまい血流が逆流する血管の病気です。
下肢静脈瘤の職業病の中でも美容師の疾患が多く、潜在的な患者も4割ほどといわれています。
足がつる、重い、だるい、むくみ、発疹などの症状があります。
悪く症状がでないようにするにはスットキングにいよる予防。

悪化するとエコノミークラス症候群を発症することもあります。
下肢静脈瘤の治療も保険適用のストリッピング手術で日帰りで可能です。

 

マンスリークーポン
ネット予約