50代からのダメージのヘアケア

2018.01.30

50代のダメージは少ないヘアカラー

1.キューティクルからタンパク質が流出

2.タンパク質の補充する

朝ブラシをすこし強くするだけでキューティクルは傷がつく。冬でも昼間の日差しで髪の内部まで損傷がつきます。生活の中でもダメージになる要因は潜んでいます。
そんな場合の注意点やヘアサロンでのダメージを少なくなるようなヘアケアをまとめて見ました。

1.キューティクルからタンパク質が流出
キューティクルはドライヤーやホットカーラーなどで傷がつき、毛髪内のやわかいタンパク質が流出します。

髪を乾かす時はタオルなどでソフトに包み込むように水分を拭き取ります。

ホットカーラーは熱などでキューティクルが破れてしまうので、熱がないマジックカラーを使い熱によるキューティクルの損傷を防ぎましょう。

薬剤も毛髪にあったダメージを少なくするタイプを使用しましょう。パーマ剤では化粧品扱いのペーパーの濃度が低いタイプを使用。

ヘアカラー剤も同様で、ペーハーの濃度の低い中性~酸性ヘアカラー剤を使用します。毛先部分は続けてヘアカラーをしているのでダメージがあるので、ほとんどケースはこのタイプを使用します。

2.タンパク質の補充する
シャンプー剤やトリートメントなどのヘアケア剤を主にた対応しますが、大切なのはダメージする前のヘアケアに注意することです。

紫外線に浴びること、縮毛矯正やヘアカラーの過度による繰り返し、物理的な負担(ブラシやコームなどで、タンパク変性など(アイロンの熱による)ダメージを負いさまざまなパターンがあります。

キューティクルから流出したタンパク質を補充すことが結果的にダメージを防ぐことにつながります。

毛髪はキューティクルは硬いタンパク質から、毛髪内はやわらかいタンパク質から出来ています。硬いタンパク質はコラーゲンから、やわらかいタンパク質はケラチンです。

一般的にはコラーゲンやケラチンを毛髪に補うことで、ダメージを防ぐことが多いです。

 

 

マンスリークーポン
ネット予約