外食レストランコンビニが24時間体制で売上UP

2018.01.31

時代の変化に対応した営業展開が好結果

1.若い労働力が減っている 2.利便性よりも内容を求めている

24時間体制が途切れた理由は人口の減少が根底にあるようです。
労働力アップのためにアルバイト代を高くし人件費で経費の圧迫され、
利益も上がらないうえにスタッフも集まらないことが要因として上げています。

コンビニエンストアは24時間体制によって売上を維持していたので、
営業時間を短縮することで新たな利益確保を考えているようです。
スポーツジムや、高齢者などの社会的な役割を期待。

在宅介護や地域包括支援センターなどです。

1.若い労働力が減っている

この20年間で人口が減って年金問題は解決されるいわれています。
現在の人口推移をみている50代の人口が厚く20代は半分を満たない。
根底にそんな問題をかかえているのでサービス関係の仕事は大きな打撃です。

アルバイトなどが多く必要な、コンビニエンスストア、外食レストランなど人材不足の状態に。
外食レストランは人材不足から24時間をなくし好影響に、

一時は営業時間を短縮して心配したそうなんですが、
接客サービスが人員確保ができたおかげで、(24時間体制にした人員を昼間に移行)
注文待ちの時間ができてスタッフに余裕が生まれサービスが向上した。

考え方や取り組みかたによって売上を増やした。

2.利便性よりも内容を求めている

社会情勢など消費者のかたは理解しているようですね。
お店の時間が短くなってもサービス(接客)の質が悪くなることがマイナスに働き、
売上に響いてくることを経営者側も理解することが大切です。
すこしばかり不便さがあってもサービスの質が重要な要素です。

消費者は経営者よりも敏感でニュースなどみて情報をつかんでいる。
もちろんセブンーイレブンのように強い組織は、(24時間体制は維持するだろうけど)
多角化や競争ためにスポーツジムや、高齢者のための社会還元を行う、

コンビニエンスストアにできることは理解できる。

●ヘアサロンも量よりも質を重視することが成功のカギか?
大型店は質だけを重視はできないけれど、店販売上やネイルやエステで補う売上。
多くのヘアサロンは質をより重視する経営姿勢に変化するだろう。

マンスリークーポン
ネット予約