訪問美容のニーズが高まっている昨今

2018.02.01

介護保険制度改正・介護報酬改正で注目

1.美容室事情について 2.体(高齢者)が不調など理由で高齢者を中心に訪問美容が高まる

美容室の全国の件数は20万件と郵便ポストより多く、
日本の人口推移も今年も人口減となって、しかも若い世代の人口が少なくなっています。
50代の人口が集中し60代以上の人口も多く、自宅で美容施術をうける対象者が増えています。

美容室は新たな収入源として介護美容をビジネスチャンスと考えています。

1.美容室事情について

日本国内の人口の推移を考えても国内での美容室の売上は右肩下がり、
すこしでも売上アップといことで訪問美容のサービスを考えてる経営者が、
ホットペッパービューティーの調べですと44%のヘアサロンが訪問美容を取り込み中、

もしくは取り組みを検討している。
また、将来は訪問美容を利用したいと思っている人が57.1%の統計数です。

ニーズが合致していますので近い将来は新しいジャンルとして確立し、
日本の介護保険・介護報酬の法律改正によって新たなビジネスとして考えています。

2.体(高齢者)が不調などの理由で高齢者を中心に訪問美容が高まる

訪問美容を利用したい人が14.5%まあ利用した人が42.5%と合計57.1%です。
合計すると6割の人が望んでいる。美容室も取り組んでいる又は検討中が4割です。
美容師が自宅に来てくれる重要はますます増えていくでしょう。

 

マンスリークーポン
ネット予約