美容師さんとヘアスタイルを共有する方法

2018.02.09

希望のヘアスタイルを伝える効果的な方法

1.してほしくないヘアスタイルデザインを伝える 2.ホームページでヘアサロンの情報をつかむ

お客さまからよく聞く話の中で希望のヘアスタイルが伝わらない、
希望のヘアスタイルに仕上がらない、ヘアカラーやパーマが希望のデザインにならない、
など、とってもむずかしい思いを感じることがあります。

1.してほしくないヘアスタイルデザインを伝える

希望のヘアスタイルを伝えても美容師さんに技量がなかったり、
お客さまの気持ちを受け取れない場合など、希望のヘアスタイルにならないようです。
技術は毛髪診断やカットなどを加味することで成り立ちます。

そんな場合は伝えやすい方法としては嫌なヘアスタイルを伝えること。
パーマはかかり具合、ヘアカラーであれば色の種類、
カットの長さ(短くカット)などが美容師と共有していることが基本。

失敗しない方法は”してほしくないヘアスタイル”が美容師に伝えること。
カウンセリングなどでしたいヘアスタイルを共有することです。

 

2.ホームページでヘアサロンの情報をつかむ

ヘアサロンの考え方や仕事内容の強い部分をつかむ必要があります。
ヘアスタイルを共有できないケースで考えられることは、
技術力、ヒアリング能力(話をよく聞く)、アプローチ力です。

技術力は経験と知識が関係しますので、初めて予約する場合はホームページなどで指名する。
得意なヘア技術やヘア写真をみて判断しましょう。
技術力、ヒアリング能力(話をよく聞く)、アプローチ力です。

ヒアリング能力はお客さまの見になって考えることができる。
アプローチ力はお客さまからのヘアスタイルをまとめヘアデザインをつくりあげること。
その他には接客面での相性も大切です。

マンスリークーポン
ネット予約