黒染め後のヘアカラーを均一に染める方法

2018.03.30

繰り返しの毛染めによる沈み込み作用

1. ヘアカラー剤の作用が正常に行われない 2.セルフで黒染めし後の調整染め

黒染めしたあとのヘアカラーは希望の明るさにリフトアップするには、既存部の染料の状態をよく見極める必要があります。
希望の明るさに染める場合はブリーチを施した後に、希望の色を塗布しますので時間と費用もかかりますし、髪のダメージを覚悟する必要があります。

1.黒染めはヘアカラー剤の作用が正常に行われない

原因は髪の乾燥によるダメージです。健康毛の場合は毛髪内部の脂や水分があるのですが、ダメージが進行すると毛髪内に循環し反応をおこしメラニンに働きかけられません。
キューティクルの表面もはがれ毛髪内の細胞が通常に作用されずに、薬剤が沈みこみ毛髪が黒くなります。
ダメージが軽い場合はクリア剤を塗布することで沈みこみを防ぎ均一に染めることができます。

ダメージが進行した場合はブリーチを行っいベースを作ってから希望の色を塗布します。黒染めの毛染めは段階をふんだのち調整カラーの施術を行います。

2.セルフで黒染めし後の調整染め

サロンカラーした後にセルフで黒染めした場合み基本1で施術方法と変わりません。プロが染めた場合とはちがいムラがあるので調整するのは技術力が必要です。ムラがあるからといって暗い部分に明るいヘアカラー剤を塗布する方法はとらないケースがあります。髪全体をブリーチしてベースをつくった後に希望のヘアカラー剤を塗布します。
ただし、この施術は髪のダメージもあるので覚悟をしてから調整染めを行ってください。

 

 

マンスリークーポン
ネット予約