美容室と花のインテリア

2018.04.15

季節の花々でお客さまをお迎えする

1. 母の日はカーネーションを真夏にはひまわりを飾る 

花のいのちは短いけれど、ただまっすぐに生きる花には心がうたれますね。
1週間で枯れてしまいますがその間は命のかぎり咲き乱れる花。
個人的にですがとても心をうたれます。

ヘアサロンウェーブでは季節に問わずお客さんをお迎えしています。

1.夏は「ひまわり」

夏の花の風物詩はひまわりです。黄色は夏の太陽とはよくマッチします。
ヘアサロンに風を感じのってお客さまをいやされます・・・でもまだ、数人しかお花をほめてくれませんが?
花って人間とちがい気づいても気にならないみたいですね。

あんなに一生懸命に咲き誇っているのにふしぎです。
沖縄の中西孝介さんの花の詩が素晴らしいですが、
自分もあの花のような人生をと思い、サロンでお客さまに楽しんでもらっています。

2.母の日「カーネーション」

カーネーションの種類は多く色彩も豊富で華やかです。
自分で生けても花の種類も多いので質感ゆたかな彩りが華やかです。
人間では出せないクスミ感が特色です。

2.花の王様「バラ」

本数が少なくても風格が感じられヘアサロンを華やかに、
新鮮な花屋さんから仕入れたものですが1本135円ですが価格以上のばらの存在感に圧倒されます。
バラは本数が多くてもいいですが少なくても十分に人を引きつけます。

マンスリークーポン
ネット予約