暑いこの夏の脱水症にならない方法

2018.06.25

脱水症状と予防方法を理解する

1.脱水症状 2.予防 3.美容師は脱水症状をおこしやすい

水と塩分が不足し体液が汗で失い、体内に補給できない状態にしょうじます。
脱水症状が減ると、体内の血液量が低下し栄養素も行き渡りずらくなります。
老廃物を排泄する力が低下し、食欲不振の原因です。

また、体液は塩分は体内に60%占める水分とで構成されています。
このタンパク質が不足することで体にさまざまな変調に見舞われます。
スポーツドリンクなどはこの体液に近く、水分補給をこまめに摂取することで予防ができます。

2.脱水症状の予防

1日に必要な水分の摂取量は2500mlと知ることが大切です。。
こまめに水分を補給すること。コップ1杯は200mlですので目安として覚えてください。
やみくもに水分補給するのではなくタイミングをみて補給します。

運動を行った時・寝ている時・入浴中・暑い夏・乾燥時・極寒地など、
水分が不足がちですので注意をしましょう。また、高齢者は体の反応が鈍くなり脱水症状がおこしやすい。

3.美容師は脱水症状をおこしやすい

美容関係にたずさわっている美容師に限らず、エステティシャン・ネイリストなども症状がでやすい職種です。
食事の時間も不規則で水分摂取が不足すること。冷房中のお客さまの施術や接客に集中し、
体の反応が鈍くなって脱水症状をおこしやすい。

 

 

マンスリークーポン
ネット予約