史上最も美しい海水浴場(館山市)が楽しめる場所

2018.06.29

去年は7月6日でしたが年々早く梅雨明けが速い

1.今年はビールの販売量と海開きと夏の景気が良くなる

去年より7日間早い「梅雨明け宣言」ですが、
夏に景気が左右する飲料関係や海やプールなどの関連する会社はいいですね!
逆に、梅雨が長いのを期待しているメーカーは傘や長靴は期待できないですね。

千葉県で人気のある海岸「沖ノ島海岸」
南房総館山湾の南側に位置する陸続きの面積4.6ha周囲約1kmの陸続きの小島です。
近くには貝殻やイルカなど生息しているサンゴな貴重な海洋資源が残る無人島です。

島めぐりや探検やシュノーケル・磯遊びが楽しめます。
約8000年前の縄文海中遺跡や世界的に注目されている北限域のサンゴを育む貴重な自然が残る国定公園です。
島でしかみられない貴重な昆虫や沖ノ島の洞窟や観光やレジャーに最適」です。

東京湾で唯一サンゴが自生する
南房総館山湾の南側に位置する陸続きの面積4.6ha周囲約1kmの陸続きの小島です。
近くには貝殻やイルカなど生息しているサンゴな貴重な海洋資源が残る無人島です。

黒潮の影響を受けるので南の島で見られる生物が確認できます。
昆虫も南方系の虫である「オオキンカメムシ」も沖ノ島で見られます。
サンゴはトゲイボサンゴ・イボサンゴ・キクメイシなどがシュノーケルなどで見られます。

8000年前の古代人がイルカを貴重なタンパク質を獲っていたようです。
イルカは化石はアクセサリーや石包丁として、生活の中で使われていました。

黒潮の暖流のおかけで港でもソウダカツオやコサバがお祭りのように釣れます
南房総館山周辺の港や堤防では入れ食い状態でお魚が釣れます。
海水浴場の帰りにぜひよってみてください。画像は館山「布良港」での釣果です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
マンスリークーポン
ネット予約