ヘアカラーは髪質をメーカーによって使いわける

2018.08.10

国内メーカーは自然な発色海外メーカーは光沢感な発色

1.髪質を見極めメーカーを選択  2.ハイライトやローライトで陰影を表現することで

アルカリカラーはメーカーによって、髪質やヘアカラーの表現力(鮮やかさ・発色)が変わります。
1.日本人の肌にあった自然なブラウンに強いメーカー、2.染まりずらい人にしっかり発色するメーカー、
3.ブリーチなしに明るいヘアカラーや彩度が強いメーカー。

髪質や表現によって使い分けるように、メーカーも個性によって特色を出しています。
1.ミルボンオルディーブ 2.ウエライルミナ 3.アリミノ・ホーユーなど特色を見極め使う。

1.ハイライトやローライトで陰影を表現

自然な配色が特色の「オルディーブライン」は、
美容師からの評価も高く自然な発色で、シーズンによって新色を発売し美容師から熱い支持をうけています。
お客さまのニーズに合わせたラインアップでスタイリストからの評価も高い。

染まりずらい白髪染めも鮮やかな色に染まる「イルミナ」。
イルミナは白髪染めに入れるシャドウ、色を透明感をプラスするクリスタル、明るい発色にクリスタル。
それらにベース色をミックスし大人世代の髪に鮮やかに発色します。

日本初の3剤式のホーユー「アプリエ」。
色の明るい人を1回で明るいトーンを実現するヘアカラー。
彩度(色のバリエーション)高さ(明るさの高低)で、1度の施術で外国人のような髪色を実現します。

2.ハイライトやローライトで陰影を表現することで

ヘアカラーは単色のベタ塗ではお客さまも飽てくるので、そんな時はハイライトやウィビングなどでアクセントをつける。
若い世代でも大人世代でもおしゃれな人が、ヘアカラーデザインを希望する人が多い。
応用でもハイライトウィビングやローライトは単価も高くサロンの利用回数も高いお客さまです。

メーカーのヘアカラー剤の特色をつかみ、ヘアデザインヘアカラーを提案することでお客さまにも喜ばれます。
ヘアカラーを均一に染めることでハイライトやウィビングがひきたちます。
応用力が高めればヘアデザイン力もアップします。

 

 

 

 

 

 

マンスリークーポン
ネット予約