お客さまの来店周期を提案し管理する

2018.08.12

お客さんもスタイリングがラクにヘアサロンも年間売上がアップが図れる

1.お客との信頼関係の証明 2.お客さまの気持ちを確認できる

ヘアサロンにとってお客さまが周期よくご来店周期が短くなることで、
年間の売上もアップしヘアケア商品を購買につながりお客さまの単価も上がります。
お客さまは髪の維持が可能です。(食品の賞味期限と同じ)いつもキレイでいられます。

1.お客との信頼関係の証明

1カ月から1カ月半の周期でヘアサロンに来店で髪を整えることで、
ヘアスタイリングもしやすく美しいカタチが維持できます。
期限内にご来店をすると10%~20%の特典を付けることでさらに来店率が上がります。

ヘアサロンによっては信頼関係ができていない場合は、かえってご来店しなくなるとういことも聞きます。
さらに、信頼関係がある程度あっても他サロンに浮気し断りの電話をいれる人も多い。
そういったことがあっても前予約は営業売上にも肝心です。

2.お客さまの気持ちを確認できる

前予約をなさるお客さまはたとえ初めてのご来店であっても、
次回にご予約をしていただくことで、ヘアサロンのヘアも接客も気に入ったと意思表示された。
お客さまを前予約を声をかけなければ、お客さまの心は確認することでも前予約は必須です。

例:売上を20名と設定すれば前予約があることで、前予約が10名入っている場合は残りの10名をどうするかが、
ヘアサロンの課題に営業的に”なにが”必要か考えることができます。
前予約しない人は気に行っていないのか、忙しいのかをカウンセリングで確認もできます。

言葉は悪いですが「お客さまを囲い込む」ことで他サロンに来店できないことも隠されています。
他サロンに来店させないことがヘアサロンの売上確保につながります。

マンスリークーポン
ネット予約