ヘアカラーはどこのメーカーがキレイですか?

2018.09.02

ヘアカラーはセルフ・サロンでもヘアカラーの染料が異なる

1.国内ヘアカラーと外資系ヘアカラー 2.鮮やかな中間色が日本人にあう

ヘアサロンにいってヘアカラーをするお客さんは言われたままに、
サロンにあったヘアカラーをするわけですが、髪の状態や希望の色合いにあったヘアカラー剤は選べません。
鮮明なヘアカラーなのか、くすんだヘアカラーがいいのかは自分で選ぶことはできません。

実はヘアカラーを扱っているヘアスタイリストでもわからない現実があります。
ヘアサロンのオーナーがヘアカラーに対して、こだわりを持っていれば別ですが、
そんな時に髪の状態や、希望の色をだしたい時の、どのメーカーをつかえばいいのかを探ってみます。

1.国内ヘアカラーと外資系ヘアカラー

国内ヘアカラーといえば、「アリミノ」「ミルボン」「資生堂」を頭に浮かびますが、
外資系とのちがいは日本人にあった、日本人の髪質にあった染料や、メラニン色素に調和よく仕上がるようできています。
外資系ヘアカラーは欧米の髪のメラニンを考えてて、染料を選び内容成分の配分を選ぶわけです。

アジア人の合わせたヘアカラー剤を作っても、欧米ありきなので、色味に関しては弱い部分があります。
日本メーカーの場合は、赤味や黄味や青味を消すことに特化したメニューなど、日本人に合ったヘアカラー剤など開発されています。

*赤みを排除しクリアな発色をする スロウファッションヘアカラーホームページはこちら⇒

外資系のウエラ・ロレアルは鮮やかさが優れていますが、
染料についても日本人のあったメラニン色素の配合バランスが、少なく色と染料の相性が欠けています。
外資系は欧米の髪のメラニンを考えてて、染料を選び内容成分の分量を選ぶわけです。

色味に関しては日本メーカーに比べ選択肢が少ない。
髪への光沢感は外資系のほうがありますが、強さゆえに不自然な感覚が際立った感は否定できません。
そんな中で日本カラー市場で大ヒット商品があのイルミナヘアカラーです。

*光沢感と中間色が際立つ ウエライルミナヘアカラーホームページはこちら⇒

2.鮮やかな中間色が日本人にあう

先にご紹介したイルミナは中間色が主体の光沢感のあり、ヘアダメージを少なくするヘアカラー剤です。
日本人にあったカラーメニューとしては、赤・青・黄色などの基本色はツヤ感の発色が悪い。
中間色は例:グレージュ(灰色)、ピンク(藍色)、マッド(緑色)は鮮やかさには欠けますが、ツヤや光沢感が出る配色です

このタイプのヘアカラーはミルボンのアフェクトも中間色で光沢感が優れています。
イルミナに比べさらに染料も強く色の深みがあります。
色の発色がはっきりしているので、放置時間をおきすぎると色が濁り失敗します。イルミナはその点は安定して使いやすい。

*色素が濃く鮮やかさやツヤ感 ミルボンアデェクシー ホームページはこちら⇒

 

 

 

マンスリークーポン
ネット予約