ヘアカラー裏話 美容師編

2018.09.28

謙虚に誠実な態度でお客さまに接する

1.髪質によって発色できない色合いがある 2.経験や知識にスタイリストが一部の理があり

お客さまからみたヘアカラーはどんな色合いでもキレイに出せると思いますが、
実は髪質や毛髪内にあるメラニン色素内にある、メラニン色素の量や種類によって発色できません。
スタイリストがほとんど理解してはいますが、中には理解していないスタイリストがいるのが現実です。

もう一つはわかっていてもお客さまが理解してくれないケースです。
お客さま側は是が非でも希望の配色を希望し、スタイリストは希望をかなえたい。
そんなスタイリスト側の心情があって、うまくお客さまに伝わないケースも多いです。

1.髪質によって発色できない色合いがある

毛髪内のメラニン色素の量いがいにも、髪にたいしての適切なヘアカラー剤の種類の選定です。
ヘアカラー基礎を理解しているスタイリストでも、ヘアカラーのメーカーや髪質をみて合う明るさの調合するには経験と知識が必要。
ヘアカラーも人気のある色は、その年の変化やトレンドによって大きく異なります。

いまは寒色系である灰色やセピアなど濃い暗い色に人気がありますが、2-3年前は薄い”ブラウン”明るいブラウンでした。
いまは明るいトーンを暗めにするグレジューで、色のメニューつまりヘアカラー剤の調合のレシピを勉強する必要があります。
ハイトーンヘアカラーには、ブリーチなどの応用的なヘアカラー技術が求めらます。

その他にはヘアカラーメーカーによっても、もっとも髪質にあうヘアカラー剤をチョイスすることもポイント。
ウエラ・ロレアルなどの外資系は彩度が強く、国内のミルボン・資生堂などは日本人にあった色彩が特色です。
自分は自然な色合いを好む人は、オルディーブで強い彩度やトーンダウンを求める人はコレストンです。

2.経験や知識にスタイリストが一部の理があり

経験やヘアカラーの知識によってヘアカラーの技術がちがってくるのが理解できましたか?
経験や知識いがいには、普段からしている仕事内容にも関係しています。
単純にヘアカラーを希望するヤング層の多いヘアサロンは、ヘアカラーの技術や知識を持っています。

逆に大人世代や後期高齢者の多い住宅地依存型のヘアサロンなどでは、ヘアカラーのトレンドの知識がありません。
あったとしても普段やっていない仕事内容のために思った色がでないことが多い。
お客さま側からみたスタイリストには、こんな裏事情があることを理解してください。

 

マンスリークーポン
ネット予約