ヘアサロンの接客は「おもてなし」が大切な要素に

2019.01.11

カウンセリングを大切に「おもてなし」を感じる意識したサービスを行う

1. お客さまから見られる立場をふるまい意識する 

美容師サイドから見るお客さまは、キレイに似合うヘアスタイルをつくることに集中しますが、
お客さまサイドから見ると、スタイリストの印象、笑顔、目線、自然にでる思いやりなどが、技術よりも大切な場合があるようです。
技術力は基本ベースですが、接客サービスを徹底したヘアサロンが成長しているように思います。

お店全体でおもてなしの行動を起こすことで、お客さま側からみると心地良い時間でいられないわけです。
お客さまを満足させるスキルやトレンドの提案と、おもてなしの気持ちをもった行動が必要です。

1.お客さまから見られる立場を自覚する

笑顔・・・サロンの雰囲気をよくしクライアントとの安心感をもたせリラックスさせる。
ファッション・・・トレンドを感じさせヘアをおまかせしても安心と、お客さまからみて明るく健康的にみえる服装を選ぶ。
心地良い電話対応・・・顔が見えないクライアントは、声でヘアサロンのイメージを判断します。聞き取れやすい1トーンのボイスで話す。

希望をそえる努力・・・ヘアの希望も毛髪診断の状態から、”NO”するのではなく、仕上がるイメージにできるよう努力する。
状態をみてできないスタイルでも、失礼のないように言葉を選ぶ

心地良い電話対応・・・顔が見えないクライアントは、声でヘアサロンのイメージを判断します。聞き取れやすいボイスで話す。

希望をそえる努力をする・・・ヘアの希望も毛髪診断の状態から、”NO”するのではなく、仕上がるイメージにできるよう努力する。
状態をみてできないスタイルでも、失礼のないように言葉を選ぶ。

お客さまの声や動作に敏感に反応・・・人間の心理は不信感は目に現れます。言葉や動き以上によく観察する。
お客さまがしてほしいことを察知し行動に移すことで、あこの人「私のことをわかってる」と認知してもらう。

お客さまの声や名前を覚える・・・1回でもご来店していただいたお客さまの顔と名前を覚える。
ご来店時も「〇〇」様とお名前を言って、お出迎えするよう心かける。

お客さまの声を復唱する・・・復唱することでお客のヘアの希望の確認をとることで、
スタイルの認識を深め安心感を与える。

お客さまのをほめる・・・マニュアルにないお客さまのよい部分をほめる。
ほめることでお客さまに心地よい空間をつくる。

仕事をていねいに行う・・・お客さまのヘアスタイルの仕上げのヘアを認識し、
施術をていねいに行う。

ヘアデザインをどこか変える・・・ヘアスタイルを常に変える努力を行い、
マンネリ感のないヘアスタイルを提案する心がける。

ヘアの勉強とともに自分を磨く・・・ヘアのトレンド技術の情報を得る努力をする。
人間の成長は自分を磨くしかないことを自覚する。

お客さまの目線で考え努力する・・・カウンセリング時に目線にあわせ、時には体をしゃがみ誠意を表す。
すこしでも威圧感の感じる接客はさける。

マンスリークーポン
ネット予約