頭皮と他の皮膚のちがいってなあに?

2019.02.09

コラーゲンタンパク質が多い皮膚組織、コラーゲンタンパクが少ない頭皮

1.頭皮の構造 2.皮膚の構造

頭皮は皮脂腺や汗腺が多く分泌している。皮膚は真皮の部分に水分とアミノ酸が多く存在するスポンジのような構造です。
頭皮は汚れやすく真皮が薄いためトラブルが多くでやすい、肌をおおっている他の皮膚は真皮が厚いため新陳代謝が活発です。
顔と頭皮は一枚の皮膚としてつながっているので、頭皮や顔の肌はトラブルが生じやすい状態です。

頭皮の顔の皮膚は1枚の皮膚でつながっていて、頭皮のマッサージすることで顔のしわやたるみを改善します。
ヘッドスパなどは頭皮が中心ですが、顔のマッサージを行うことで顔のケアを同時にすることで効果も倍増します。
頭皮と皮膚の関係を知ることで肌のケア方法を知ることができます。

1.頭皮の構造

頭皮は他の皮膚とはちがい真皮が薄いために、抵抗力が弱くバリア機能が劣る。
逆に皮脂量や汗腺が体の皮膚組織の中でも一番多く分泌している。そんな理由で頭皮のスキンケアのケア商品も少ない。
頭皮は汚れやすい部位なのでシャンプーなどが大切です。

日本の気候も頭皮と皮膚のヘアケアや肌のお手入れも影響しています。
高温多湿の日本は湿気が多く湿度も高い、欧米の気候はカラッとしていて湿度も低い。
そのため日本人は毎日シャンプーをするのが日課で、欧米人は2日~3日はシャンプーをしないのが当たり前です。

頭皮のためには1週間はシャンプーしなくても問題はありません。むしろ、シャンプーをしないことで毛穴の良い脂質が毛髪によい影響を与えます。
日本人のお風呂が好きな国民性では無理があります。
毛穴の汚れや栄養を与えるシャンプーヘアケアが人気ですが、刺激が弱く頭皮の状態を守るタイプが人気です。

2.皮膚の構造

皮膚と頭皮のちがいの大きなメリットは、真皮に含むコラーゲンタンパクの含有量です。
熱や暑さや薬剤などの刺激から「バリア機能」が働き、皮膚が外部からの刺激を守ってくれる。
頭皮とはちがい皮膚の再生機能が働き新陳代謝が活発です。

頭皮は真皮が薄いために外部からの衝撃や薬剤など皮膚よりも弱い。
頭皮と皮膚はつながっていますが、頬の熱い部位は頭皮とはあきらかにちがう、皮膚の厚さが触って感じますよね!

頭皮は皮脂や汗腺など分泌量が多いのも、皮膚にないメリットが存在する理由はそこにはあります。
皮膚が新陳代謝が活発だといっても、35歳前後で皮膚代謝が衰えているので年代にあったスキンケアが必要です。
また、男性に比べ女性は脂質が少ないので、日々のお手入れには怠らないようにしましょう。

 

 

マンスリークーポン
ネット予約