ヘアサロンはバリアフリーで車いすでOK

健常者も障害者も同じ扱いで対応する

1.足が不自由な方でも対応できる「バリヤフリー」 2.健常者と同じ対応することを心掛ける

足が悪くても不自由な場合でも、普通の人と同じ対応することを心がけています。

どこかの部位が不自由だからといって特別扱いはぜずに、物理的に自由が利かない場合だけ対応すればいい。

ヘアサロンはシャンプーの移動や洗い方など、車イスの方に負担をかけなようにすること。

流山市バリアフリー化

気持ちの部分で受け入れ側の体制を整え、健常者と同じヘアカラーなどデザイン提案する。

目次

1.足が不自由な方でも対応できる「バリヤフリー」

2.健常者と同じ対応することを心掛ける


1.足が不自由な方でも対応できる「バリヤフリー」


■ヘアサロンの床の環境のバリアフリー化はするべき

エイジの人や不自由な人のためにもバリアフリーは必要ですね。

足元は車イスで移動する人にとっては、床に段差がないだけでも心理の負担が小さくできます。

やはり車イスの人は移動手段が大変ですので、すこしでも楽にできるよう環境整備を行うことが大切です。

 

建物の物理的な構造を変えることで、ヘアサロンに行きやすいくなってくるので!


2.健常者と同じ対応することを心掛ける


■健常者と同じ対応を施す

建築物の構造的な問題よりも(特別扱いされることが)優先順位が上だと思う、

ヘアサロンにご来店なさる気持ちのうえで、不安要素があるような気がします。

ヘアデザインにおいてもメニューなど分け隔てなく、ヘアメニューやデザインを提案すること。

結果的に不安要素が取り除かれリラックスして施術することができます。

 

●コメント

バリアフリーを利用する人は、思っている人以上に精神が安定していて元気、

お客さまでいらっしゃる人はみためは変わらないですね。

ただ、先天性の人と後天性の人がいますが、見た目変わらなくても、

 

ギラン-バレー症候群のような徐々に進行する病の場合は、

ストレスを感じている人も多いので、普通に接客を行う必要があります。

若い20代くらいだとよけいですね。

 

サロンに来店される人も、

ヘアサロンウェーブのホームページのトップに、

バリアフリー化と期しているのを見てサロンにご来店してくさるので、

サイトにそういったことを書き加えるで、ヘアサロンに行きやすい環境を整える必要性がある。

バリアフリー化