国内にある50代~ヘアグレイカラーメーカー別

国内にある寒色系によった透明感とツヤや彩度があるグレイカラー

1.国内にある大人のヘアカラー 2.光沢感・彩度・触り心地が共通点

国内にあるグレイカラーは寒色系によったタイプが多い、理由はアルカリカラーの彩度とツヤを出すことが共通点のようで、

イルミナ・イノア・アドミオ・ルビオナ・オルディーブシーディルなど寒色系によって作られたヘアカラーが多い。

明るく赤みや黄みが時間がたっても割合が少なく、赤ベースの明度を中心に作られたひと昔まえとは変化し、

 

明るい明度と彩度がキレイに発色するタイプが多く、ブルーやグレーなど染料が濃いのが特長のようです。

アルカリカラーの発色でありながら、白髪もしっかり染まるタイプです。

大人のヘアカラーはヘアサロンにとって大事な顧客で、メーカーにとっても市場が求める市販ではとらえきれないヘアカラー剤です。

 

メーカーによってもカラー剤の特色があり、今回はメーカー別の色やタイプを考えてみました。

目次

1.国内にある大人のヘアカラー

縮毛矯正・デジタルパーマ・ヘアカラーにあった薬剤


1.国内にある大人のヘアカラー


■艶感・触り心地・色味の傾向

顧客のターゲットが大人世代を考えて作られたヘアカラーが多く、グレイ系・ベージュー系・ピンク系などが中心です。

外国人のような色合いが流行りの流れをうけて、ほとんどのメーカーは寒色の色は必須です、

グレーやブルーの良さは明度を上げても軽さが、ブラウンやゴールドに比べ1-2レベル低く、

 

ツヤなどが発色しやすく明度も上げても明るく感じない色でもある。

赤みや黄みの退色が遅く持ちも良いので日本人にあった染料といえる。

【艶感が持ち味のあるヘアカラー】

イルミナの光沢感はどのヘアカラー剤よりも出ています。ウエラがセールストークの中で語っていましたが本物です。

色持ちのレベルは普通で、マニキュアのようにアシスタントクラスでも染まります。

色はパターン的で味がなく深みがないのが気になります。

 

【色が深いヘアカラー】

アドミオの濃い発色はアリミノが総力をあげて完成させた。寒色のグレイやブルーが独自で出来の良いものです。

イノアも同様で寒色から暖色まで深く濃い色が印象的です。

 

【触り心地の良いヘアカラー】

イノアがオイル60%配合されていてしっとり感は良い。ただ、脂が多い顧客にはベタつきがあった向かない。

イルミナも触り心地も悪くはありません手で触っただけでサラサラした感覚がわかります。

 

【トリートメントシステムを導入したヘアカラー】

ルビオナは髪と地肌を育み健康な頭皮と髪に栄養を与える。色の浸透もよくしっかり染まる印象があります。

ミルボンシーディルも地肌にやさしい植物由来ですが、ミルボンの場合は染料をグレーベースにあったヘアカラーです。

 


2.光沢感・彩度・触り心地が共通点


■大人世代をターゲットにした染料

植物由来・オイル・マイクロライトテクノロジーなどダメージを防ぐ成分を各社配合しています。

50代~からの女性は髪の栄養や傷みやすく再現性が劣るため、ダメージについて各社特色があるようです。

中でもオイルカラーイノアは画期的な染料で、60%のオイルと40%水で成分を作る優れものです。

 

色の特化しているのはアドミオで色の発色が素晴らしいものがあります。

それぞれがすこしづつ特色が異なりできれば使ってたしかめるといいです。

私個人がランキングすると1位イノア 2位アドミオ 3位ルビオナ 4位イルミナ 5位シーデェルの順です。

メーカー名イノア(ロレアル)アドミオ(ミルボン)ルビオナ(ルベル)イルミナ(ウエラ)シーデェル(ミルボン)