美容師とビダルサスーンの基礎について

普遍的かつ計算した通りにカット

1.ウェイト 2.ウェイトポイント 3.フォルム

世界中のヘアスタイリストに影響力がある、「ビダルサスーン」が普遍的で計算されたカットは、

誰でも意思と情熱があれば、サスーンのような幾何学的なカットが可能になることです。

国内ではサスーンを海外のスクールや、セミナーで受講したことがあるなど、大小それぞれが内容が異なりますが、

 

国内であればピーカーブーアカデミーは外せないですね!基本がしっかりしていて、奥が深く年輪が重なるごとに上手くなります。

カットを覚える情熱さえあれば、誰でも奥が深いカットが覚えられますが···厳しいテクニカルなレッスンが必要です。

では、そんな内容はどうなのか?初めて感じた内容を、わかる部分をブログでまとめてみました。

 

 

目次

1.ウェイトバランス

2.フォルムバランス

3.ウェイトポイント


1.ウェイトバランス


■ウェイト(傾斜)フォルム(縦長比)ウェイトポイント(切り始め)

サスーンカットは建築物を作るデザインを、ある意味真似たもので、数学のような計算式に髪を切る方法です。

そこには普遍的ですが、覚えるにはかなりハードなテクニカルを磨かないと身につかない。カットスキルも年輪を重ねていっても頂上がない。

20代〜30代ではまだまだで、大人世代の年齢になって始めて見えてくる。

 

ワンレングス·グラデーション·レイヤーなどを組み合せ傾斜の位置が変化します。

ワンレングス、ボブ(水平·前下がり)から、レイヤーやグラデーションなどの入れた、複合型がある。

【ウェイトバランス】横から見た傾斜を呼ぶ

(水平)

○ワンレングスの場合は床平行のストレートライン、日本人に合う伝説モデル山口小夜子さんのヘアスタイルです。

○ボックスボブは「BOX BOB」です。襟足をえぐったラインのボブ。耳下からのストレートラインです。

○複合型は、スクエアレイヤーの床平行の、セイムレイヤーと、頭皮に対して90度に引いてきるラウンドレイヤーとがある。

 

2種類を組み合せヘアスタイルを組み立てる。

その他にも後下がりや、前下がり、複合型と他に3種類とあります。

 

(後下がり)

ウェイトの傾斜が後下がりで、ウェイトバランスも後下がりのヘアです。

傾斜が下がることでやわらかいラインとある。

 

(前下がり)

ウェイトの傾斜前下がりで、ウェイトバランスも後下がりのヘアです。

傾斜が上がることで、短めの長さが多くなる。

 

(複合型)

ウェイトの傾斜が水平、後ろ下がり、前下がりがミックスされている。

一般的な使えるヘアスタイルが多く、若い子から大人世代まで幅ひろく使える。

 

 

一般的な使えるヘアスタイルが多く、若い子から大人世代まで幅ひろく使える。


3.フォルムバランス


■正面から見た縦横比を「フォルムバランス」と呼びます

フォルムの測り方は横幅の大きなふくらみが大きい位置を1とします。

もっとも横幅の大きい位置の膨みに対する縦の比率を測ります。

 

1.ウェイトバランスやウエイトポイントに比べ、正面からみた比率なのでわかりやすく、

スクエア(四角)やラウンド(丸み)の複合型は1:1.4の割合です。

 

2.コームの長さから比率が決めやすく、コームの長さを1とし、もっともボリュームがある部分を想定し、

遠くらコームの長さで眺め、ドライした位置も決め考慮します。1:2.0の割合です。

3.ワンレングスなどはもっとも比率的にもわかりやすい、横幅のもっとも大きい位置も想定し、

コームなどで収まる位置で眺めます。ドライ時のふくらみも考慮します。1:1.2の割合です。

*耳後ろが正面から見えない場合は、顔の長さを1として、縦横の比率を計測します。

 


3.ウェイトポイント


■切り始めのガイドの位置をウェイトポイントと呼びます

後頭部の一番ボリュームの出る位置と一致します。トップからアウトラインまで4分割して、上から下からの位置での比率で表現します。

 

1.ステムを後方斜め下に引き出すヘアスタイル2:2の割合(ぼんのくぼの一番ボリュームが出る部位を始めにカット)

分割は2:2の割合に起点の部分がぼんのくぼになります。

前下がりボブの複合型のカットです。

 

2.床と平行に引いて切る3:1の割合(鎖骨前後が一番始めにカットしボリュームが出る部位を始めにカット)

スクウエア(四角)といことからこの名前がつけられています。始めに切った長さ顎下が始めに切る部分で、

3:1の割合です。

3.ステムを真っ直ぐ下ろして水平にウエイトポイント4:0の割合(胸から下部位から真っ直ぐにカット)

長めのワンレングスのヘアスタイルで、毛先部位が一番ボリュームが出てきます。

複合型の2:23:14:0す2:2から3:1は複合型が多いですが、

4:0に関してはボブや長めのボブヘアスタイルが多い。

 

ここにかかれている内容は一部ですが、詳しくみたい人は、ビューティギャラリーなどでたしか4000円前後で購買が可能です。

確認するにもサスーンの基本(ピーカーブーが改めて内容になっています)がわかるベーシックです。