イルミナのデメリットな部分

2017.10.23

くすみ感が出ずらく人工的な色相・彩度

A.しっかり染まるが自然さに欠ける B.寒色系が暗く発色します

オーシャン・ヌード・サファリの寒色は「ガッツリ染色」しますが、
くすみ感などの自然な色合いは表現が弱い気がします。
逆に色の持ちが良く、アシスタントでも均一に、染まるイルミナはメリットです。

美容師さんディラーなどに聞いても評判もよく、お客さんからのリピーターも多いようです。
ただ、全てをコレストンもしくは「イルミナ」では対応できないです。
そんな中イルミナはもちろん他メーカーも比べて、イルミナのデメリットを考えまス。

1.しっかり染まるが自然さに欠ける

イルミナはツヤや髪のダメージを考えて作られたヘアカラー剤です。
色の染まりや持ちは素晴らしくお客さんからの評判は上々ですが、
なんせ色がしっかり入るので「人口的」な色合いが出てしまうのが少ないデメリットの一つです。

イルミナのメニューラインアップは中間色がメインで設計されています。
そういった点を加味しても色が濃く自然さに欠けているのもわかるのですが、
ヘアカラーの幅を広げる意味でマイナス面として否めない気がします。

ブラウン特に日本人の髪質とういう点では、メラニンを赤と黄色に分類する「オルディーブ」は、
ベージューやグレジューなどくすみ感(自然さ)な色合い出ていますね。

下の画像はオルディーブ「グレジュー」です。

1.寒色系が暗く発色します

イルミナ・アフェクト・アプリエは高明度・高彩度が共通しています。
明るくしかも染料が多く配合している。
よって明るく外国人さんのような”うすい”彩度が表現できるようです。

イルミナの場合は他の2社を比べても染料が多く入っているようで、
レベルの高い明るい場合には(12トーン以上は)暗く見えるようですね。
ハイトーンヘアカラーを希望する人に、イルミナの寒色を使う場合など気をつける必要があります。

他メーカも染料が多い場合は同様な現象がおきますが、
染料が濃くしっかり入るイルミナは割合が高いようです。
もしも。深く入りすぎた場合はティントコントロールで染料を抜いて対処しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウエライルミナが評価される優れた理由

2017.10.18

鮮やかに染め上げる染料のスムーズさ

A.色の浸透性がよく鮮やか B.他のヘアカラー剤にはない操作性と塗りやすさ

染料の浸透性が抜群によく鮮やかです。
経験の浅いアシスタントでも均一に染まる操作性があり、
明るい色でも色味を表現できます。

他メーカーにおいては計算できない場合があり、
染めてみて初めて色味がわかるのですが、イルミナの場合はメラニン色素の量はあまり関係ないようです。
思った色がでてきます。

1.色の浸透性がよく鮮やか

個人的に評価できるのは思ったような色がでることです。
イルミナの場合は中間色にラインアップされていますが、
グレー・オレンジ・アッシュ(中間色のラインナップ)と色が思ったように表現できます。

色の明るい配色でも出てくるので失敗が少なく使いやすい。
他メーカーのヘアカラー剤(明るいレベル)ですと色味の計算できないことも多いですが、
イルミナシリーズに限っては希望の色が出てきます。

色も均一で鮮やかな色合いが可能なヘアカラー剤です。

2.他のヘアカラー剤にはない操作性と塗りやすさ

イルミナはなんといってもガッツリ色を毛髪に入れて表現できること。
他のメーカではここまでしっかり入るヘアカラー剤はありません。
失敗が少なく塗りやすい点もイルミナのメリットです。

全てのメニューカラーは鮮明で透明感があり、
毛触り感もスムーズで色もやわらかな配色で包まれます。
中間色にしぼったことで色ツヤをアップさせています。

イルミナ独自の金属イオンを除去しダメージを迎えた点も評価できます。
ウエラが世界特許を取っているのでお客さんにも説明しやすいですし。

 

 

<

1 2 3 4 5 134
マンスリークーポン
ネット予約