冬のヘアカラーの傾向

2014.12.20

明るめに人気がある2015年

ヤング層から大人世代まで明るい明度のヘアカラーの傾向が、
日本人に合うクスミかかった色素に集中しています。

メーカーではウエラが発売しているようです。

夏から冬にかけて明るいヘアカラー

■ミルキー系やブルー系の”薄い色素”のいわゆる外国人風ヘアカラーの傾向に、
夏に明るい黄色味から黄ばみを消す、落ち着かせる色合いの方向にあります。

日本人に合うピンクパールやアシューやブルーなどを混ぜた色合いです。
冬にあう色合ということと髪に艶感が出ることが人気のヒミツです。

ピンク+ダル 3:1の割合

ピンクパール系ヘアカラー

■夏から秋冬シーズンを迎え髪が傷み、黄ばみや赤味が残り明るい色から、
抜け感があり髪に艶感があるアッシュやブルーなどは、
髪の傷みが気にならない色合いが出てきます。

明るい明度(10トーン以上)からアッシュやブルーは相性が良く、
人気の薄いヘアカラーがでてきます。

アシュー+スモーク 3:1の割合

アッシュ+ブルー冬のヘアカラー

冬の大人グレーヘアカラー

この5年間で明るいヘアカラーを希望する人が増えています。
30代-40代のグレー(白髪)の大人のヘアカラーです。

■白髪が30%以内であれば10トーン前後の明度が可能になっています。
ヘアカラーの調合としてはオレンジ+ブラウンが明度として明るく出てきます。

エレガントな鮮やかな発色の良いヘアカラーです。
明るいグレーヘアカラーの人に向いているいます。

レシピ10/95+5/07

オレンジ+ブラウン 明るい明度ヘアカラー

■明るいヘアカラーですが黄ばみなどの退色を嫌う人には、
ナチュラル系のシャンパンベージュはブラウン+ベージュの軽やかな色合い。

やわらかに顔を包み込むツヤのある色合いです。
シンプルでフェミニンな人に向いています。
レシピ88/77+ベージュ2:1

ナチュラル系のシャンパンベージュ

■人とちがった色合いのシルキーパールは個性派の人に、
甘さを控えたクール&系ヘアカラーはシャープなイメージです。

マットな色合いがクールで個性を演出できる色合いです。
色に深みもありヘアカラーの持続性が高く色の黄ばみを迎えます。

レシピ8/91+5/07 1:1

シルキーパール 大人のヘアカラー

流山市にある美容室ヘアサロンウェーブ
2015年の傾向ヘアカラーから大人のヘアカラーまで受付ています。

マンスリークーポン
ネット予約