ヘアカラーの失敗例(美容室)

2015.01.19

髪の染まりが悪いロングの失敗例

一般的にロングヘアの人は髪が傷みがあります。
しかも染まりが悪いと気をつけないと、
ヘアカラーが失敗することがあります。

中間や毛先は傷んでいると、
染まりが早く暗くなるからです。

ロングヘアの染まりが悪い人の手順

①根本を塗布する場合15分でokですが、
この場合ヘアカラー剤を多めにつけ時間を10分前後おく。

②根本の発色が出てきたら、
中間を全体に5-10分おいて下さい。

③毛先は一番最後に5-7分くらいおき、
サッと流して終了です。

ポイントは根本の染まりが悪い場合の対処と、
毛先の染まりが良い場合の対処です。

*ロングへアの染まりが悪い人は髪が細い人が、
多いようですタンパク質の量がすくないため、
薬剤の浸透が悪いためです。

ロングヘア失敗例

流山市にある美容室ヘアサロンウェーブは、
初回限定でサービスいたします。

マンスリークーポン
ネット予約