美容室で失敗しない予約の仕方

2016.06.15

ヘア担当者が重要です

現在の美容室の件数は20万件ちかくあって、
価格も設備もサロンによってまちまちなので、仕事の仕方やアプローチもさまざま。

その中で失敗しないサロンを見つけるのは大変ですが、
何点かポイントがあるので参考にして頂ければ幸いです。

ヘアサロンウェーブ外観画像

目次

1.自分のことがわかってくれるヘアサロンであるか?

2.美容師とのコミニュケーションがスムーズ

3.提案される美容師で「なにか前回気になることは?」聞いてくれる

3.まとめ


自分のことがわかってくれるヘアサロンであるか?


思った通リの髪型をキープ

ヘアサロンをきめるのは人それぞれ決めるポイントが変わりますが、
自分に見合うサロンをみつけることだと思います。

●美容室を選ぶ基準

1.技術よりも癒しや気分転換を重視する
2.手入れが楽で希望通リの髪型にしてくれる
3.家に近く利便性が高い
4.有名なヘアサロンである

など、それぞれ美容室選ぶ基準があります。
このなかに希望した項目をあてはめて、優先順位をきめて高いポイントを選択してサロンを選びましょう。

●さらに確率を高めて希望の美容室を選択

1.サイトをみて指名できる担当者を希望する。
2.セカンドサロン(美容室)をストックする。

「自分をわかってくれる」趣味趣向やヘアスタイルなどをよく理解してくれ、
希望したサロンでも思ったようにできないようであればセカンドサロンがいいでしょう。


美容師とのコミニュケーションがスムーズ


予約制のサロンがグット

時間はお金と同じです美容室に飛び込みで希望通リに仕上がったとしての、
つぎにお願いしたときは同じようにできる保証があります。

もちろん予約制でも同じといった部分はありますが、
なんでもそうですが「準備」は仕事において大変重要なものです。

特に人の手による手仕事はなおさらです。
いまでも、いきなり美容室に行って自分の希望できる髪型にしてくれると思う人が、
この考えは改める必要があります。


提案される美容師で「なにか前回気になることは?」聞いてくれる


常にお客さまの立場で仕事

時間をお客さまのためにつかってくれる美容室または担当者であること。
担当者が誠実な人でも美容室のシステムがそうでない場合は、
仕事の質が落ちてしまい希望のヘアスタイルになりません。

予約制でなおかつ担当者が「親切」な人が良いでしょう。
毎回お客さまの身になって前回気になることはございませんでしたか?

聞いてくれヘアチェンジなども提案してくれ、
季節やヘアや流行をアドバイスをしてくれる美容師がグットです。

要約すると親切な美容師さんがなんといっても基準になります。

親切な美容師さん画像

まとめ


美容師はお医者さまのように命を関係する仕事ではありませんが、
相手の立場にたったヒヤリングをし悩みを改善することは同じです。
そういった意味でも美容師さんとの信頼関係が大切になります。

ヘアスタイルに関してはなんでも言える関係を築くことが、
美容師との信頼関係をさらにつよくしてくれます。

ヘアカウンセリング画像

流山市美容室ヘアサロンウェーブは、
ブログで美容情報を発信しています。

マンスリークーポン
ネット予約