HAIR TRENDヘアトレンド情報

オラプレックス OLAPLEX ガモウさんが発売元に!

Olaplexは科学者が作った美容界の常識を変えた処理剤
Dr.エリックプレスリーとDr.クレイグホーカーという科学者では、
「ドリームチーム」と呼ぶべき科学者の手によって開発されたオラプレックス。
シリコンでもなければオイルでもない。

毛髪の観点から補修、強化し、保護することに成功した唯一サロンシステム

「シスチン結合に作用し仕上がり感を持続させます」
薬剤による化学的な刺激によるキューティクルの乾燥や、
熱によるタンパク質の硬化(タンパク質変性)や、紫外線・冬のエアコン・不摂生など、
毛髪の内部からダメージを負い結合も壊してしまいます。

「オラプレックス」はシステイン酸によって生成と、
その過程によるタンパク質やキューティクルの欠如などダメージの進行をケアし、
髪本来の美しさと強さをもたらします。

「オラプレックスと通常の処理剤とのちがい」
通常の前処理や後処理のケアトリートメントはタンパク質とケラチンをオブラートし、
キューティクルを包み込み数週間の持続効果があります。
オラプレックスは持続性が高く髪の内部に働きかける点が通常の処理とは大きく異なります。

「オラプレックスの使用感と効果」
ダメージ毛の状態でオラプレックスをヘアカラー剤やヘアケア剤とミックスすることで、
●毛髪のツヤ感が出てくる●ヘアカラー剤やトリートメントとミックスできる●髪の収まり感がアップする。

髪の収まりがアップするのは髪の内部であるシスチン結合に働きかけるためです。
オラプレックスは使い方によって大きく効果がちがってきます。
美容師さんもいきなりインターネットで買うことは避けたほうがいいでしょう。

日本一のディラーであるガモウさんが発売元になりそうですので、
講習会など受講したのちにお客さんに施術することをおすすめします。

「オラプレックスのラインナップ」

NO1ボンドマルチブライヤー(サロンケア)

ー主成分ージマレイン酸
ーPHー3.5
ー髪の内部に作用

NO2ボンドパフェークター(サロンケア)

ー主成分ージマレイン酸
ーPHー4.5
ー髪の外側と内側に作用

NO3ヘアパフェークター(ホームケア)

ー主成分ージマレイン酸
ーPHー4.5
ー髪の外側と内側に作用

「オラプレックスの使い方」

使用する前の注意点

●NO1ミックスチャーは原液でも使えるが、ハイダメージでもない限り原液では使わない。
NO1ミックスチャーの水との配合値は
NO1ミックスチャー1:水=1:6

※ショート3ml水18ml セミロング4.5ml水45ml ロング15ml水90ml

ヘアカラー施術

1.ヘアカラーの前にNO1ミクスチャーに対して水を6倍に希釈します。
傷んだ部位や毛先に塗布し、よくもみこみ、コーミングします。⇒5分以上放置
※海外ではヘアカラー剤とミックスして使いますが、日本では薬事法によって推奨していない。

2.ヘアカラーの流し後に浸透しやすくするために、水気をしっかり取る
NO2を傷んだ部位や毛先に塗布し、よくもみこみ、コーミングします。⇒5分以上放置
※海外ではヘアカラー剤とミックスして使いますが、日本では薬事法によって行えません。

point
ーNO1の塗布後はドライをしないでヘアカラー剤を塗布します。
ードライ状態からNO1の塗布することで効果の向上が見込める。
ーハード系スタイリング剤が付いている場合は、プレシャンプーを行う。

パーマ施術

1.シャンプー前にNO1ミクスチャーに対して水を6倍に希釈します。
傷んだ部位や毛先に塗布し、よくもみこみ、コーミングします。⇒5分以上放置

2.パーマの2剤塗布の後に、
NO1ミクスチャー施術個所に塗布しパーマのお流しを行うなう。⇒5分以上放置

point
ー2剤後にNO1を塗布した後にパーマの流しを行います。
ードライ状態からNO1の塗布することで効果の向上が見込める。
ーハード系スタイリング剤が付いている場合は、プレシャンプーを行う。

ホット系(縮毛矯正・デジタルパーマ)施術

1.シャンプー前にNO1ミクスチャーに対して水を6倍に希釈します。
傷んだ部位や毛先に塗布し、よくもみこみ、コーミングします。⇒5分以上放置

2.パーマの2剤流し後に、
NO1ミクスチャー施術個所に塗布します。⇒5分以上放置

3.パーマ流し後に浸透しやすくするために、水気をしっかり取る
NO2を傷んだ部位や毛先に塗布し、よく揉みこみ、コーミングします。⇒5分以上放置
※放置時間の延長や加温することで効果がアップします。

point
ー2剤後のもう一度NO1を使いNO2を行う。
ードライ状態からNO1の塗布することで効果の向上が見込める。
ーハード系スタイリング剤が付いている場合は、プレシャンプーを行う。

ブリーチ施術

1.ブリーチ前にNO1ミクスチャーを根本から毛先まで満遍なく塗布し、
よくもみこみ、コーミングします。⇒5分以上放置

2.ブリーチの2剤流し後に、
NO1ミクスチャー施術個所に塗布します。⇒5分以上放置

3.ブリーチ流し後に浸透しやすくするために、水気をしっかり取る
NO2を傷んだ部位や毛先に塗布し、よくもみこみ、コーミングします。⇒5分以上放置
※放置時間の延長や加温することで効果がアップします。

point
ー2剤後のもう一度NO1を使いNO2を行う。
ードライ状態からNO1の塗布することで効果の向上が見込める。
ーハード系スタイリング剤が付いている場合は、プレシャンプーを行う。

 

 

マンスリークーポン
ネット予約