30才からの白髪対策編(ヘアケア)

2015.02.27

白髪の万全ヘアケア

いままで生えてきた白髪を目立たなくなる方法はどうしたらいいか?
最新の白髪染めの情報もゲット!

サロン・ホームヘアカラーはどっち?

白髪をムラなく美しく染めるのは、サロンで染めるのがベストです。
髪の太い人や硬い人の場合。ホームヘアカラーですと1本の薬剤の量では染まりません。

最低でも2本は必要になるようです。
後頭部など目にいきずらい染まりずらい部分は染まりません。

ただし、髪が細い人ややわらかい人は一定の染まりは悪くはありません。
しかも最近のホームヘアカラーはいろいろなタイプがあり、

時代とともに進化していますので、使い方や髪質によっては、
十分に対応できる場合もあります。

ホームヘアケアの白髪染めの種類

白髪染めは髪の外側や内側を化学分解して色をつけるもので、
クリームやジェルなどがありますが、

部位によって使いわけが必要です。
クリームタイプははえぎわや髪の分かれ目に密着しやすく、

泡やジェルは部分染めなど使用しやすいようです。
また、最近では使用量があまった場合などストックできるものが発売されています。

使うタイプや使いやすいメリットが、
それぞれ特徴があるので見定めて使用して下さい。

30代からの白髪染め

白髪染めはやりすぎると傷むの?

白髪染めの髪に対するダメージはゼロではありません。
白髪が多い人や髪の多い人は、

染まりが悪いので毛染めをしすぎると、髪が傷める原因になるので注意をして下さい。

シャンプーしながらトリートメントをしながらすこしずつ色をつけるタイプや、
白髪の割合が少ない人や、白髪の部分にだけで着色するものなど、

さまざまなアイテムを使いわけましょう。

ヘアカラーが似合うヘアカラー剤は?

地毛の髪の色に合わせると良いでしょう。元の髪色が赤味の人はピンクやオレンジ、
黄色味の人はブラウンやアッシュなどが似合います。

色が暗いダークな色合いは注意を払いましょう。
一度暗くなってしまうと髪の色が入りにくくなります。

ホームケアで白髪染めのフォロー

毛染めの色合いを長持ちさせるヘアトリートメントや、
保湿を促すヘアケアなど傷みを暖和するタイプなど、

さまざまなアイテムを髪の状態などで適宣使い分けましょう。

ヘアカラーリチャージ
色を長持ちさせるトリートメントです。

染めた色と同系色例暖色系(オレンジ・ベージュー)
寒色系(アッシュ・ブルー)などの鮮やかさを持続します。

200ml 2200円

ヘアカラーリチャージ

30才からの白髪の原因もまとめております。
HPはこちら➡

流山市にある美容室ヘアサロンウェーブはヘア情報をブログでまとめています。
HPはこちら➡

マンスリークーポン
ネット予約