美容室のお客様との信頼関係

2015.01.16

ご来店前とご来店後のチェック

お客様との信頼関係は技術だけでは成り立ちません。
施術状況を把握し、髪質のクセ、毛流や好み、をつかむ事です。

細かな部分の微妙な部分は何回か施術しないと理解できないからです。
お客様との人間も知り信頼を強くします。

お客様との信頼関係

前回の施術状況を把握する

たとえばヘアカラーを1-2ヵ月の間にヘアカラーする場合。
色のレシピはもちろんですが、前回染まりが悪かった部分や、

早く染まってしまった、染まるのが遅い場合など、
その時にわかることがあります。

データーとして記録に残ることにより、次回は対処がしやすくなります。
時間も薬剤の調合によって速めることもできますし、
仕事を合理的にできるからです。

美容師さんには来店前のチェックと、ご来店後の記録をとるカルテが、
よりお客様の希望のスタイルをご提案できるからです。

仕事の量よりも質を大切に!

お客様一人を知り大切にする事を一番に考えています。
お客様お客様のへスタイルの好みや、
気になる部分を細かい部分まで理解する。

カルテやお客様ノートの存在により、お客様が気になる部分を知ること。
結果が信頼が『質』へと変化します。

お客様イコールお客様を知る。あたりまえのことを重要と考えています。

お客様との信頼関係

ヘアサロンウェーブのモットー

ヘアサロンウェーブでは美容師の人間性だけでは、
本当の信頼関係は築けないと考えています。

美容師が上手い技量があっても、
お客様を知ることが最重要だと考えるからです。

ヘアスタイルを満足させる技術とお客様を知ることが、
今の時代もっとも大切だと思っています。

マンスリークーポン
ネット予約